ネットで選挙ができるように・・・ - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

三橋 泰介
株式会社スピーチジャパン 代表取締役
東京都
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネットで選挙ができるように・・・

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル

こんにちは。

株式会社スピーチジャパン
代表取締役 三橋泰介です。


今日のヤフーニュースを見ていたら
こんな話題が。

================
『ネット選挙解禁法案、
 全会一致で衆院委可決
 月内成立へ』

http://bit.ly/YnDJxA

================


ついに、ですね。

ネット上で
「自分の存在」を
PRして選挙活動ができる、と。


今までは、候補者は
ブログもFacebookも
禁止でしたから、
大きく動きましたね。


ひょっとすると、
これによって
今まで絶対に当選できなかった人が
「ネットマーケティング」や
「ネット上のブランディング」の力を使って
当選することが可能になるわけです。


100万部のメルマガとか持ってたら
県議会議員ぐらいなら
すぐ当選じゃないかな??と
思ってしまいます。


そこまでの媒体をもっていなくても、
バイラルを仕掛けたり、「シェア」によって
認知度が上がって・・・。


今まで選挙に関心がなかった人も
ネットだったら、と振り向くかもしれません。

あなたは
このニュースをみて
何を思いますか?

================
『ネット選挙解禁法案、
 全会一致で衆院委可決
 月内成立へ』

http://bit.ly/YnDJxA

================


私は、単純に
「ビジネスチャンスだな」 
と思います。

はい。
大きなチャンスです。

こういうニュースを見て、
ピンとこない人は勿体無いですね。

なぜこれがビジネスチャンスなのか?

例えば

「候補者向けFacebookコンサル」
「候補者向けアメブロサービス」
「候補者向けTwitterフォロワー増加コンサル」

なんかが生まれてくるじゃないでしょうか?
ちょっと私自身がやるのは手間がかかるので
無理だと思いますが、たとえば
ネット周りだったらお手伝いできると思うんです。


ネットマーケティングに詳しい人と組んで
ネットに疎い候補者の方に
サービスを提供すれば良い。


これ、ビジネスのゴールが明確で良いですよね。
「当選」か「落選」か。

しかもネットの場合
「アクセス数」「いいね!の数」など
数字も見やすい。


私の「プレゼンテーションスキル」というのも
選挙には「演説」というものがありますので
必須スキルです。

ですので実際、
名古屋の河村たかし市長と一緒に
政治塾のお手伝いもしていますし
国会議員の方の選挙活動のブレーンとして
スピーチトレーニングをした経験もあります。


そうなんです。

なので、私にもビジネスチャンスなんですね。


政治とインターネット。


安倍首相がFacebookで投稿をする内容は
マスメディアに出てこないものも多く、
かなり注目を集めています。


この方面もあなたも
注目してみるといろいろ
ビジネスアイデアが出てくるかもしれません。


そういう視点で
ニュースを見ると、また
違うアイデアが出てきますよ。


追伸


今日から大阪5日間いきます!!

早速今夜から
関西の経営者の方と
懇親会です!
たのしみー。



追伸 2

熊本県でのセミナーは

================
6月30日(日)午後2時から5時
================

になりました。

まもなく募集スタートしますので
楽しみにしていてくださいね。


==================
三橋へ気軽にメッセージくださいませ。
プチメールは・・・

http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=bizsp







このコラムに類似したコラム

独自の「売り」「USP」を作り出す方法 三橋 泰介 - 研修講師(2013/05/16 18:35)

魅力的な社長の「魔法のひとこと」とは? 三橋 泰介 - 研修講師(2013/05/23 16:43)

【動画】ボキャブラリを「7倍」に増やすには? 三橋 泰介 - 研修講師(2013/05/21 17:55)

ジョンに会いに行きます。 三橋 泰介 - 研修講師(2013/05/20 16:27)

【残席4】席です。そして「本」を・・ 三橋 泰介 - 研修講師(2013/05/17 14:16)