今月のタウンニュース掲載のお菓子 - 洋菓子・和菓子 - 専門家プロファイル

洋菓子研究家 
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今月のタウンニュース掲載のお菓子

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 洋菓子・和菓子
今朝は寒いですね。
今週末で3月もおしまい!
いよいよ新しい年度が始まり、気持ちも新たに頑張ろう!!!!!
と思っているみな様&応援したいお子様をお持ちのみな様、
気分を高めるならやっぱりスイーツですよ♪o(*^▽^*)o~♪

いちごが安くなってきました♡
2パック買っても500円♪ 嬉しい~~~

でも1パックで出来ちゃう このお菓子!飾りの苺まで入れて1パック!
生クリームを絞ってフルーツを飾って、
大きく作れば豪華です♪
作ってみてね。





大磯、二宮、中井版タウンニュース 3月29日発行分に載っています。

材料と分量
(ムース)
苺        200g
砂糖       40g
レモン汁   大さじ1
生クリーム   150g
ゼラチン      8g
ゼラチンをふやかす水 25g
スポンジがあれば適量

(飾り)
苺、ブルーベリー、ピスタチオ等 適量
生クリーム     50g
砂糖        5~6g

作り方

裏ごした苺を火に掛け砂糖を溶かす。
火を止めふやかしてゼラチンとレモン汁を加え溶かす。
生クリームを泡立て、人肌程度に冷めた苺と合わせ、容器に流す。
スポンジがあれば、薄くスライスして上にかぶせる。
冷蔵庫で冷やし固め、ホイップクリームとフルーツを飾って仕上げる。





 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(料理講師)
洋菓子研究家 

お菓子に恋したサロネーゼのキュートなケーキ教室です。

湘南・大磯の自宅で、失敗のない様に家庭ならではの独自の簡単製法で愛情たっぷりのキュートで美味しいケーキを作っています。ご一緒に楽しみながら豊かな時間を過ごしましょう。企業向けには持ちうる力を発揮し、ご希望に副える様対応しております。

このコラムに類似したコラム

大雪ですね! そして・・3月期レッスンは・・♪ 坂本 孝子 - 料理講師(2014/02/08 19:47)

焼き菓子いろいろ 3月の製菓基礎講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/02/29 23:21)

余ったパンの耳で作る、素朴なかりんとう風お菓子 高窪 美穂子 - 料理講師(2011/08/11 23:00)

和菓子の材料 part2 和三盆 廣瀬 ちえ - 料理講師(2011/02/10 22:00)

洋菓子材料part4 バター 廣瀬 ちえ - 料理講師(2011/01/10 09:06)