話し上手よりも聞き上手 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)

閲覧数順 2017年02月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

話し上手よりも聞き上手

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

一般的に広報担当者には”話し上手”が適任と言われています。


もちろん、口下手など思うように自分の想いを伝えられないのは頂けませんが、口数が少ないからと言って必ずマイナスになるとも限りません。


口数は多く、一見話が上手いと思える人でも、どこか信憑性に欠けるという人よりも、口数は少なくとも事実を丁寧に伝えようとしている人の方が、より伝わるということもあります。

要は話が上手いか否かではなく、話が伝わるか否かの方が大事だろうと言えます。


しかし広報担当者にとっての必要要件はこれだけではありません。


むしろ話すことと同様かそれ以上大切なのが、”聞き上手”、”聞き出し上手”です。


日頃のメディアリレーションの中で、記者の言わんとしていること、考えていることを如何に把握するかということは非常に重要です。そのためには、記者に如何に話をさせるか、本音を引き出させるかが重要であり、”記者に話させる”ことができるか否かが大きなカギとなります。


記者の意図を事前に把握しているか否かで取材の成否に大きな差が出ると言えばお解り頂けるでしょうか。取材などで表面的に上手くアピールできたとしても、それが記者が聞きたいこととずれていれば何も興味を示さないということも言えるかと思います。


またこれらの聞き出し上手は、対記者はもちろんのこと、いやむしろ対社内での方が重要かも知れません。広報部門の永遠の課題のひとつに、現場からの広報素材をタイムリーに吸い上げることが挙げられます。日頃から現場とコミュニケーションを図り、情報を吸い上げることは非常に地味な仕事ではありますが、発信の契機を増やす、企業価値を上げていくためにも重要な活動であり、これができているか否かでは雲泥の差が出ます。


如何に効果的に話すかも大事ですが、”聞き出し上手”はもっと大事。自身には”聞き出し力”があるか否か、どうやれば”聞き出し力”が上がるのか、一度見直してみては如何でしょうか?

クリックをお願いします!

















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

リリースの一斉配布の条件 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/07/26 09:19)

ブラック企業の生きる道 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/07/19 08:39)

昼食の食べ方で解る広報マンの資質 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/05/27 07:56)

広報は良いこと探しのプロ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/25 05:34)

広報おススメ本「64(ロクヨン)」 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/01/17 09:56)