土地の調査②~登記内容の確認 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

森田 芳則
特建開発部 部長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
大川 克彦
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2018年09月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地の調査②~登記内容の確認

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産に関する調査(土地)

土地の調査②~登記内容の確認

登記がなされた一筆の土地は、所在(場所)、地番、地目、地積、所有者及び土地に付いている権利関係を明示しています。


【表題部】(土地の表示)で示される内容
所 在・・・東京都○○市○○町○丁目(住宅地図で確認できます)
地 番・・・○○番○(住所とは必ずしも一致しません)
地 目・・・宅地、山林、畑等(現況とは必ずしも一致しません)
地 積・・・○○㎡(現況とは必ずしも一致しません)


【権利部(甲区)】(所有権に関する事項)で示される内容
所有者・・・登記上の所有者が示されており、相続等があって登記等が行われていない場合は必ずしも現況の所有者名と一致しない場合もあります。
差押等・・・税金の滞納による差押えや借入金の返済がなされない場合における競売手続き開始の内容等が明記されます。


【権利部(乙区)】(所有権以外の権利に関する事項)で示される内容
抵当権等・・・金融機関から融資を受けている場合にその内容が明記されます。
地上権等・・・所有者から土地を借りて建物を建てる権利等が明記されます。


(注1)近年、登記事務がコンピューター処理されるに従い、登記簿謄本の呼称が全部事項証明書となり、所在地の法務局以外でも全部事項証明書や公図等を取得が可能となっています。
また、土地の概要のみを知りたいときには、全部事項証明書に代えて要約書によって確認するという方法もあります。
(注2)所有者のいない土地は、原則として国庫(国)に帰属することになります。

このコラムに類似したコラム

土地の調査①~土地の特定 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/15 19:13)

建物の調査③~区分所有建物 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/15 19:20)

建物の調査①~建物の確認 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/15 19:18)

建物の調査②~建物の特性 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/15 19:19)

土地の調査⑤~役所調査(都市計画の2) 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/15 19:16)