任意売却と競売の違い - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 愛子
株式会社シナジー・マネージメント 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却と競売の違い

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

こんにちは。ヘ(゚∀゚*)ノ



シナジー・マネージメント  高橋です。



今日は雪。


でも先日の大雪で買ったレインブーツがあるから


もっと降ってくれ~と余裕な感じです。


しかもお誕生日にK氏から頂いた折りたたみ傘


があるので、さらに余裕~




これ、コンパクトにまとまり、軽い!


カバンに毎日入れていつ雨が降ったって大丈夫な感じです。


営業マンとしては必須アイテムですね☆


とてもお気に入りアイテムです。Kさん、ありがとう




さて、先日ある本の中にとても感銘をうける文章がありました。


「あきらめるな!企業再建」清水直弁護士の著書。

↓一部抜粋


差押、競売、破産は企業の解体を目指すもので、


債権の取立という面では有効であるかのように見えるが


それは局部的な現象であって、社会経済的に見れば、


債務者が利益を上げ、あるいは担保財産を任意で高価に


処分して任意に弁済したほうが遥かに社会経済的に優位である。


債務者を死滅させる債権の取立を、私(著者)は、


「破壊的債権回収法」と名付けている。


一方、債務者たる企業を生かして債権を回収する方法は、


「建設的債権回収法」と名づけられよう。


イソップ物語の北風と太陽である。


債務者の着ているマントを力ずくではぎ取るか、


自発的に脱がせるかの違いである。


前者と後者では、消費するエネルギー、経済的効果、


人間感情の上でも雲泥の差がある。




任意売却と競売では何が違うのか?


まさにここにあるようなことではないでしょうか。


個人と企業は違いますが、個人に置き換えて考えても


経済的にも人間感情的にも大きな差があります。



競売、自己破産、差押。


しなくても円満に解決できる方法があることを


知っているだけでも意識が変わります。





  任意売却支援ネット

このコラムに類似したコラム

プライドを持つということ 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/03/09 21:40)

行政書士事務所併設 山田 大史 - 代表サポーター(2016/10/23 09:21)

住宅ローン破綻事例紹介 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/07 08:12)

【任意売却】離婚するので売りたい 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/04/29 19:40)

おススメのお土産☆ 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/03/23 15:09)