Googleのビジョン 膨大な戦略 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Googleのビジョン 膨大な戦略

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
読者の皆様は、Googleがエコに力を入れているのをご存知ですか。


アメリカ各地で、太陽電池などの自然エネルギーの普及に何百、何千億と投資しているらしいのです。


そこで、Googleに関してのある記事に目が留まりました。


「ワンクイックで、世界のどこでも欲しい情報を収得できる。」


「Googleの検索サイトで、化石エネルギーに頼らない、原子力発電所の高濃度核廃棄物をなくす技術を集約して、将来、自然エネルギーで世界の電力をカバーすることができる。」


正直に言って、こんな膨大な野望(ビジョン)を持っているとは思いませんでした。


たんなるネットを使ったコミュニケーションツールぐらいにしか考えていませんでした。


恥ずかしい話、電話の代り、宣伝媒体の一つ、タダ、程度の認識でした。


しかし、よくよく考えてみれば、世界の科学者がGoogleによって相互につながり、英知を持ち寄れば、化石エネルギーや原子力エネルギーに頼らない世界が実現する可能性は、大いにあり得ます。


一企業や一研究所内で、一部の科学者が研究しているだけでは、情報が閉ざされ、研究成果が限られてしまいます。


全世界の科学者が、Googleによって、研究成果を持ち寄り、更に発展していくことができれば、まんざら夢物語ではないように思えます。


一説によると、今、Googleは、世界の検索サイトの40%を占めていると聞きます。


Facebookも、世界で6億人が登録されています。


私は、まだ使ったことがありませんが、LINEも1億人を突破したと耳にしました。



もしかしたら、本当に世界中から、飢餓や戦争が無くすことができるかもしれません。


人類の英知を集める道具として、ソーシャルネットワークの可能性の大きさを、あらためて認識しました。




中小企業様にも、こういったビジョンは必要です。ビジョンの作り方、効能についてのご相談は、お気軽にどうぞ。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

ソフトバンクの一人勝ち 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/30 11:23)

Appleの決算発表で見える日本企業と大きな差 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/24 09:48)

吉野家とすき家 生き残れるのはどっち? 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/11 16:17)

現実歪曲フィールド ジョブズ 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/08 20:03)