「債権回収会社」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

吉野 真人
吉野 真人
(医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

閲覧数順 2019年01月19日更新

「債権回収会社」を含む検索結果一覧

62件が該当しました

利用者からのQ&A相談

競売にかけられそうな物件を売るには誰に相談すべきでしょう?

専門家の皆様ご質問です。私の知り合いで、不動産売買に関して困っている人がいます。その人は、大阪某所、駅近くのアーケード街に店舗用のテナントを購入しました。金額は1000万以上。20年以上前のことのようです。住宅金融公庫からお金を借りて購入し、その後ずっと支払いを続けているという状況だったのですが、もうすぐ完済という時期になって、半年くらい支払いが滞ってしまったため、債権回収会社に委託されてしまいま...

回答者
菊池 英司
ファイナンシャルプランナー
菊池 英司

連帯保証人の債務相続

故父親が知人の連帯保証人になっていたらしく(信用金庫から20年以上前に借り入れ)先月、債権回収会社から訴訟をおこされ、裁判所から「口頭弁論期日呼び出し及び答弁書催告状」なるものが届きました。母も私も、この通知が届くまで全く知らないことでした。請求金全額支払わなければなりませんか?  あるいは時効手続きなどは出来ないでしょうか?

回答者
新谷 義雄
行政書士
新谷 義雄

債権譲渡後の支払いについて

車のローンが払えなくなり、車を回収されて、残金をローン会社が委託した債権回収A社に分割で毎月2万円(無利息)ずつ弁済することになりました。それから最後の1回分(H18年12月分)2万円が生活困窮から支払えず、そのままにしていました。その後払わなくてはならないと思いつつも、そのまま放置してしまい、H19年6月に債権回収A社より督促状(2万円)を支払ってくださいと一度送られてきましたが、この時も生活状...

譲受債権請求について

ご指導の程、宜しくお願い致します。認知症の父(成年後見等の手続きはしていません)が、実妹(私にしたら叔母)の連帯保証人になっていた事を知りました。叔母は、450万円の連帯保証人として父に依頼し、公正証書も作成され、その後、叔母はすぐ破産申し立てをしましたので、父に債務がまわって来ました。その後、債権回収会社に債権が渡り、今回、簡易裁判所から譲受債権請求事件として、債権回収会社から1500万円の請求...

催告書と口座の凍結

有限会社を経営している家に嫁いだものです。会社の経営はうまくいかず、数ヶ月メイン銀行への融資返済を滞った状態が続き、現在メイン銀行からの債権は債権回収会社と保証協会へ移動し、銀行と債権回収会社からは、催告書が連帯保証人である主人の元へ送られてきました。銀行からの催告書に書いてあった最終期限の日付をもって主人の口座は凍結しています。2年前に同じ銀行で主人の名義で住宅ローンを組み、毎月支払っていたので...

回答者
村田 英幸
弁護士
村田 英幸

専門家が投稿したコラム

ネット銀行同士のバトルも激化

 11月に入り、消費税増税を睨んだ住宅ローン争奪戦が激しさを増しています。今回はネット銀行の両雄である、住信SBIネット銀行とソニー銀行について見ていきます。  最初に仕掛けたのは住信SBIネット銀行でした。当初から8大疾病保障を無料で付保しているため、どうしても見ための金利がソニー銀行よりも高かったのですが、新商品である「Mr.住宅ローン」でさらに保障を充実させつつ、変動金利で0.698%を...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

トピックスの法律問題

トピックスの法律問題   いま何がトピックスとなっているか、「月刊ビジネス法務」(中央経済社)、「月刊ジュリスト」(有斐閣)を調べてみました。 ただし、主な読者は、「ビジネス法務」は企業法務部・総務部、「ジュリスト」は学者、弁護士などの法律実務家向けです。 したがって、上記の両雑誌は、税務・会計(公認会計士、税理士)、社会保障(社会保険労務士)、行政法(行政書士)などの分野は、若干手...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

巨額詐欺事件が又、発生しましたね。

毎回、毎回と言うか何故、ここまでなるまで監督官庁は放置してたのか理解に苦しみますね。 前回のAIJに続き今回は債権回収会社MRIインターナショナルが事業への投資として集めた約1300億円超を運用せず、大半が消失している可能性がある事が判明しました。 この会社の事業内容に関しては以前に私の知り合いから聞いた事があり、個人的には胡散臭い会社だなという印象でした。内容的には診療報酬を保険会社に請求で...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

会社分割と詐害行為取消権

会社分割と詐害行為取消権 ・ 最2小判平成24・10・12民集 第66巻10号3311頁、金融・商事判例1402号16頁、ジュリスト平成24年度重要判例解説75頁、107頁 株式会社を設立する新設分割がされた場合において,新たに設立する株式会社にその債権に係る債務が承継されず,新設分割について異議を述べることもできない新設分割をする株式会社の債権者は,詐害行為取消権を行使して新設分割を取り消...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

有担保つきの債権譲渡は債務免除のチャンス

銀行や住宅金融支援機構などの住宅ローン が支払えなくなった場合は 期限の利益の喪失後は 銀行の場合は住宅ローン信用保証が、 住宅金融支援機構の場合は 委託先の債権回収会社(サービサー)が 任意売却の窓口になり任意売却を行ないます。 このようなケースが圧倒的に多いのですが、 時々、あまりメジャーではない金融機関の場合は 期限の利益の喪失後に有担保のまま債権回収会社(サービサー)へ 債権譲渡して...

木原 洋一
執筆者
木原 洋一
不動産コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「債権回収会社」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (5件)

  • コラム

    (57件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索