大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「日本の教育は一体どんな大人を作りたいんですか?」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,227件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

日本の教育は一体どんな大人を作りたいんですか?

- good

外国から見た日本 2021-11-04 08:08

日経新聞コラム「学校教育、変化を嫌う体質から脱却出来るか」に、あ〜また同じこと言ってると、つい気合が入りました。

 

3人の息子を日本の平等教育から守るために敢然と立ち向かった経験。

クリティカルシンキングを学んだ私には到底受け入れがたい日本の学校制度。

何年にも渡る親としての格闘が始まりました。

 

そんな経験があるからこそ、現在カナダクラブで学ぶ生徒たちの苦しさがよくわかります。

親の苦悩もヒシヒシと伝わって来ます。

 

日本の教育には満足していない、でも、かと言って短絡に留学かというと、それも違う。。。

そこをどうリードするかも、カナダクラブからの私の重要な使命と考えています。

  

日経新聞コラムは、まだこんなこと言ってます。 

「教育界に漂う新しい試みへの拒否感と平等主義。ITで社会が激変しても「黒板とチョーク」「紙とペン」を信奉する学校文化はなかなかアップデートされません。 慶応大の中室牧子教授らはデジタルを教育に活用する世界の潮流から取り残されるおそれがあると危機感を抱いています。」

 

確かに、日本の教育現場でのデジタル化の遅れは目を覆うばかりです。 すでに世界の国々の子どもたちからは少なくとも50年は遅れていると観察していますが。 そこですか? デジタル化さえすれば日本の教育は世界に追いつきますか?

 

デジタル機器を使おうが、黒板を使おうが、紙に書こうが、発信する中身は子供の脳です。

その脳が自然に正常に発達することを助ける教育が機能していない限り、いきなり全員にピカピカのIpadを配っても全く意味がないことに気がついていないのかな?

 

日本の教育に潰されていく将来有望な子供の脳を守るために、まず日本の大人がすべきことは「教育を定義すること」

クリティカルシンキングの基本の基本です。

日本は一体どんな大人を社会に輩出したいと思っているか。

教育の先には、例えば、25歳の日本人は、どんな能力を持ち、社会に貢献出来る大人になってほしいと思っているのか。 

..........(PodCast)

 

日本の教育が無能すぎるところを補っているという自信を持って指導を続けているのがカナダクラブです。

定義なしで空回りを続け、その間にも日本の未来にとって大切な子供の脳がつぶされているくのを見ていられません。

 

だからこそ、カナダクラブにいるラッキーな生徒たちの潜在能力が空に舞い上がる「ばね」として頑張ります。

ひとりでも、優秀な能力が潰されないようにと。 

そんな生徒たちをいつかカナダに迎えるのも楽しみです。

 

カナダにいらっしゃい!

______________________________________

「カナダ大学正式留学」eBook 

Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club

「カナダ高校留学実態総集編」eBook 

「カナダ高校留学アセスメント」テスト

「小学生のための英語アセスメント」テスト

カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 

わかりやすいクリティカルシンキング講座

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真