大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「2020年・バンクーバー 〈留学前に知るべきカナダの現実〉」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,168件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

2020年・バンクーバー 〈留学前に知るべきカナダの現実〉

- good

留学 大学・高校正規留学 2020-12-30 11:22

2020年 (to Students)というコラムを書きました。

これからも学び続ける生徒のみなさんへのメッセージとして。

 

年末もうひとつの2020年コラムは、世界の2020年ではなくバンクーバーの2020年です。CBCより

 

今日もネットには「カナダ留学したいです」質問がいっぱいです。

「白人の住む大きな家にホームステイし、日本人が歓迎される国」と、未だに幻想を抱いている質問が。

 

カナダは白人の国ではありませんよ、もはや。

また、世界が羨むほど裕福でもありませんよ。

多民族主義を誇るカナダも、パンデミックでたくさんのほころびが大きな亀裂となった2020年でした。

 

カナダ留学する前に、必ず知ってほしい現実が2020年の写真に描かれています。

このカナダを経験し、そこから世界を見たいなら、カナダにいらっしゃい。

 

カナダには先住民族をめぐる醜い歴史があります。

はるか昔から先住民族の住んでいた所に、勝手にやって来たヨーローッパからの白人が、これも勝手に土地を占領し住み着いたのがカナダです。

騙して土地を奪ったり、武器で脅して権利を剥奪したり

先住民族の子供たちを無理やりカトリック教の寄宿舎に入れ、親と会うのも禁止、言葉も英語以外禁止、目に余る体罰の中、自分たちの言葉も文化も尊厳も失う結果となりました。

 

未だに、差別は続き、土地をめぐる揉め事も耐えません。

先住民族祖先から伝わる大切な土地the Wet'suwet'en landを守るべく抗議に訪れた女性を、Securityガードが押し戻しています。

 

カナダの高校留学でも大学留学でも、まずはその歴史を知ってから。

カナダの学生はみな小学校・中学校を通じて先住民族の歴史を学びます。

過去の間違いから学ぶために。

 

カナダの歴史を何も知らずに留学する恥ずかしい日本人学生が多いです。

カナダ留学はまず、カナダを知ってから。

 

 

カナダは世界中から多様な人が集まる多民族国家です。

もはや白人の国でも、英語だけの国でもありません。

英語+自分の国の言葉+2〜3カ国語 を使える移民も多数います。

 

パンデミックで人足の耐えたダウンタウンで、心配そうに客待ちをする移民労働者

このようなレストランが無数に破綻しました。

 

多民族国家に興味がない人は「カナダ留学」しないこと。

 

 

カナダ中にホームレスが溢れています。

ダウンタウンにも、公園にも、道端にも。

大きな街から遠く離れた山の中の

小さな町にも。

 

昨日まで普通に暮らしていた人たちが突然経済破綻したカナダ。

カナダの社会が崩れています。

 

ホームレスの集まる地域はフェンタニル薬物Overdoseが日常茶飯事。

毎日誰かが死んでいきます。

フェンタニル過剰摂取による死者は、高校生にも多いのがカナダの現実です。

Overdoseにより死んでしまった娘を嘆く父親。

普通の家庭です。

場所は、日本からの高校留学生を食い物にしている悪名高いBC州ラングレー。

この町の高校のフェンタニル中毒蔓延はひどいものです。

 

 

Black Lives Matter

カナダでも大きな動きとなりました。

社会でのSystemic Racismを首相も認め、暴動鎮圧に来た警官たちも理解を示しひざまづくシーン。

 

しかし、深く社会にはびこる有色人種差別、特に先住民族・黒人差別は日常至るところで見られます。

中国から来たコロナウイルスを逆恨みし、アジア人攻撃に走る低級な白人も800%の増加。

 

これが今のカナダです。

カナダ留学をしたい皆さん、日本人も差別対象の「有色人種」「中国人と見分けのつかないアジア人」だということを認識しておいて下さい。

 

 

世界でも類を見ない長い国境を共有するカナダとアメリカ。

トランプによりコロナ疫病地帯と化したアメリカ人の入国禁止が相当期間続いています。

 

長い長い間閉鎖されているカナダ・アメリカ国境。

国境には塀も柵もない、ただカナダ側とアメリカ側2つの道が並行して走る景色が続きます。

行き来を禁止された家族でしょうか、国境をはさんで離れ離れ。

束の間の語らいを楽しんでいる光景が見られる歴史的な時代です。

 

カナダ最南端のアベニュー、ゼロアベニューにて。

 

 

「留学したら英語が話せるようになる」と見果てぬ夢を追いかけ留学しようとしている日本のみなさん。

カナダの学校で出会う同級生です。

 

白人の国カナダで、英語に囲まれて楽しく暮らし、日本人は珍しがられ人気者、な〜んて夢を見ているみなさん。

これがカナダの学校で出会う生徒たちです。

 

そこに魅力を感じてなら、カナダにいらっしゃい。

世界中からカナダにやって来た人たちのことを学びたいなら

カナダにいらっしゃい。

  

2021年、カナダはどんな進化を遂げるでしょうか。

自由主義のリーダーになれるでしょうか。

 

そんなカナダを学びたい人のための手段が「留学」

____________________________________

日本人のためのわかりやすいクリティカルシンキング講座

Canada Club(New Normal 大学・高校留学)

「カナダ高校留学実態総集編」eBook ダウンロード

「クリティカルシンキングがわかる」eBookダウンロード

日本人のためのエッセイ・クリティカルシンキング学習サイト UX English 

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム