大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「カナダ高校留学-2年で卒業出来るに騙された!相談の多さ」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:5件
Q&A:113件
コラム:817件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

カナダ高校留学-2年で卒業出来るに騙された!相談の多さ

- good

留学 大学・高校正規留学 2019-07-04 04:24

この時期になると、この類の相談が増えて来ます。

留学エージェントとカナダ受入学区のの真っ赤な嘘「高2から留学するとそこから2年で卒業出来ます」を間に受け、カナダにやって来たものの、実際はそうは問屋がおろさなかった。


日本人高校生親子をうまく騙すために「日本の高校単位を移行出来ますよ」と、カナダの高校卒業に必須の要件を伏せたまま留学希望者を言いくるめる手口は、そろそろ犯罪扱いしてもいい頃だと感じています。

確かに学区によっては相当甘い手を使い(BC州政府にばれないように)Grade10レベルのある程度の日本の単位を移行する所もあります。

簡単に単位をとらせるためにJapaneseと称する、低い低いお笑いレベルの授業を取らせる学区もあります。

あれだけべらぼうに高い授業料を巻き上げておいて、幼稚園並のJapaneseコースを取らせることにも呆れてしまいます。


結果。

English10,11,12という、卒業には絶対欠かせない授業までたどりつく能力がないことに気がつき立ち往生。

留学開始後は、有無を言わさず英語の出来ない留学生用のELL(ESL)に放り込まれます。

残念ながら、アジアから押し寄せる留学生の全般的英語基本能力の低さから、これらELLのクラスは超満員状態で行われることが多いです。

講師も短期採用のアルバイトの場合が多発していますので、授業内容のお粗末さには息を飲むほどです。


従って、ELLから抜けられない留学生がカナダ中に非常に多い結果となっています。

日本や中国や韓国や他のアジア圏から来た高校生、それぞれの母国語から英語を学ぶ際の困難さやプロセスは同一ではありません。

各言語から英語を学ぶときに遭遇する、それぞれの難しさに対応する指導をするのがELLのはずですが、全く考慮もされていません。

みんなゴッタ混ぜの授業では、目指すEnglish10に相当する能力など付くはずもありません。


そこで、この時期の駆け込み相談になるわけです。


日本の高校1年を終えてカナダに来、1年経ったけどまだELLのまま。

他の単位は何とか移行と履修で取れそうだけど、English10,11,12そしてもうひとつの難関のSocial Studies11まで一体届くのか、授業についていけるのか、単位は取れるのか、大学進学に必要な高い成績が取れるのか。

留学後2年で卒業出来るとの、嘘を並べたエージェントとカナダの受入教育委員会も、この段階では知らんふり。


「サマースクールを組み合わせると卒業出来ますよ」と悪魔のようにささやくエージェントとカナダ教育委員会。

カナダ高校生でも通常の授業を落とし、勉強に四苦八苦している輩と同じサマースクールで、しかも普通は数ヶ月かけじっくり本を読み考える過程の必要なEnglish授業を、夏の数週間に押し込める。


しかもサマースクールの留学生用の授業料は高額です。

余分のホームステイ費も必要。

最初の留学説明の時にはそんな追加費用の説明は、もちろん、しないのがエージェントとカナダ受入側。


仮に万一サマースクールで単位をもらえたとしましょう。

それでも次のレベルについていける能力は付きません。

誤魔化しの貼り付けたような単位ですから。

大学進学に必要な好成績に向かうには程遠いサマースクールの現実です。

「高校留学中のうちの子はカナダでサマースクールを取っています」を聞くたびに、息が止まりそうになります。

どこまで騙され続けるのかな、この親子は、と。



次に引用したのはカナダ高校留学を受入れている教育委員会の説明です。

____________________________________

It is difficult for a student arriving in grades 10, 11 or 12 to graduate on time. That is a short time to acquire a lot of English skills.

Grade10,11,12でカナダに来た留学生が予定通りに卒業することは難しい。英語のスキルを身に付けるには2〜3年では短すぎる。

There are many options for a student that doesn’t pass English 12. He can usually stay at his secondary school until the end of the semester when he turns 19. For many students, that’s an extra year to build English skills and take courses (or repeat them). 

2〜3年以内にEnglish12に合格しなかった留学生へのオプション:19歳になるまで高校に在籍し勉強を続ける、おそらくそこから英語の準備にまた1年かかるか、過去のコースを繰り返すか 

Continuing Education has some options for students who are 19 and don’t have English 12.

19歳になった後は、高校には在籍出来ない。地域のContinuing Educationか、高校のコースを開講しているカレッジで勉強を続ける。 

EAL students in Canada often need more time. Not everyone goes to college or university immediately after 4 years of high school. It’s ok to take extra time to learn English well in order to be successful at college or university.

ELL(EAL,ESL)が必要なレベルでカナダに来た留学生には卒業までにカナダの高校生よりももっと時間がかかる。約4年で卒業出来たとしてもそのあとの大学にはすぐには入学不可。そこから更に時間がかかることを覚悟して留学すること。

______________________________________

カナダに留学中、また留学計画中の親子のみなさん。

こんな説明はエージェントや受入れ教育委員会からはありましたか?

何もない場合は、そのエージェントや受入れ側は全くもって信用出来ません。

お金だけを目的に勧誘しているとみなして下さい。


相談の中でため息が出てしまうのは、留学生がすでに18歳に達しようとしているケースです。

19歳になったセメスターが終わると高校からは放り出されます。

その後は、そんな掃き溜めのような留学生が集まる特殊なカレッジなどに転校し、高校の授業よりはもっとお粗末な講師のもとでやり直しごっこをすることになります。


参考までにBC州政府が提供している「高校を卒業出来ず19歳になったカナダ人(留学生も含む)のためのサイト」をみると、現地カナダ人でも高校卒業への道のり、特にEnglish10,11,12は簡単ではないことがわかります。

One in five youth in British Columbia (BC) does not graduate from Grade 12. Some people later obtain an adult equivalency to high school graduation, but many do not graduate at all.

BC州の5人に1人の高校生はGrade12を終了出来ていません。つまり高校卒業資格がありません。中には人生の後になってから高卒資格を取るために単位を取り直す人もいますが、多くはそのまま高校卒業資格なしです。


こんな現状を留学前に聞いていましたか?

英語を母国語とするカナダの高校生の1/5が卒業出来ない高校に、英語の基本能力さえおぼつかない日本人高校生がたった2年で卒業出来ると信じ込まされやって来る。

狂気の沙汰ですね。


相談に戻ります。

どう答えても残酷なアドバイスにしかならないのが苦しいですが、次の選択肢を勧めるようにしています。


1.留学後1年たって未だELL(ESL)の場合は、日本に戻りやり直す方がOpportunity Cost(時間、費用の効率・有益性)からも一番の選択肢。

ここから3年かかってもEnglish10,11,12を終えることはまず不可能。その3年の間に19歳に達してしまう場合は、帰国しか選択肢はないでしょうね。


2.留学1年後、次の学年からはEnglish10履修を認められている場合でも、一番の選択肢はOpportunity Costからは日本への帰国です。やり直しが早ければ早いほどその後がうまく進む可能性が高いです。

理由はやはり、ここから3年かかってもEnglish10,11,12を終えるのは非常に難しいからです。もちろん、19歳の壁も重大問題です。


3.留学2年後未だESLの場合は問題外。すぐに帰国しやり直すことを強く勧めます。

(19歳が近づいている場合は時間の猶予もないですね。)


4.将来カナダの大学進学を目指しており、どうしてもカナダ高校を卒業したいケース。

現在の能力を一緒に判断し、その後どんな道筋で履修していけるのかをご相談します。

かなり集中した補習勉強が必要であることと、それをやり抜くための時間と費用のご相談も含みます。


最後に付け足しますが、この時期この種類の相談が一番多く舞い込む高校生が通う学区はBC州ラングレー教育委員会留学プログラムだとも付け加えておきます。
ラングレー留学プログラムの実態についてはこちらのコラムに詳細を記しています。

怒りを覚えます。

 

同じような状況で困っている日本人高校生親子のみなさん、追加の個人的なアドバイスが必要な方はご連絡下さい。

ご一緒にベストな選択肢を考えましょう。


【追記】

「カナダ高校留学の実態」eBookダウンロードなさった方のために、特別「夏の無料留学相談」Hangoutをカナダから提供も致しております。ご希望の方はご連絡下さい。


カテゴリ 「留学」のコラム

カナダ大学への奨学金(2019/07/13 04:07)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 カナダ高校留学相談(留学前・留学中)

カナダの高校への留学について、カナダ現地よりカウンセリング致します

料金
10,000円

カナダならではの柔軟な教育制度への留学へのご相談。 留学前、留学中のご相談可能。 30年に届く留学生支援をカナダ現地から行ってきた経験を基に、大澤眞知子が直接お話させていただきます。  SkypeまたはGoogle Hangoutを利用。

カナダ高校留学相談(留学前・留学中)
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム