大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「英語が出来なくてもCritical Thinking を学べますか?」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,281件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

英語が出来なくてもCritical Thinking を学べますか?

- good

クリティカルシンキング 2013-03-07 14:32

「英語力はありませんが、Critical Thinkingというツールを手に入れ、もっと広い世界、さまざまな人たちの考えや価値観に触れ、自分を触発していくために、今できることはあるでしょうか? 日常生活、人生のいたるところで日本独特の横並び思想に強烈な行き詰まりを感じたことから、「ほかの考え」「ほかの見方」にも触れてみたいと感じております。この閉塞感を打破して、もっと広い視野を持ちたいのです。」

という質問をいただきました。 

Critical Thinking とは脳で起こる思考過程です。 「英語」ではありません。

「英語」がかなり出来ないとCritical Thinkingの訓練もままならないと勘違いをしている方がいらっしゃると思い、コラムにて回答致します。

ただ、Critical Thinking に一番適しているのは確かに英語言語です。 英語言語を使わないと、Critical Thinking の目的としている「客観的・批判的・科学的」な考え方を「感情や偏見抜き」でロジックを前面に押し出して表現することは非常に難しいです。

しかし、その「英語」とは、いわゆる日本の英語教育で見られるような「単語暗記」「文法暗記」「問題集」「会話フレーズ暗記」などではありません。 こんな事を何年もやっている日本の中にCritical Thinking が根付いてないことからも明らかですね。

「英語」言語は、”Why?” “For example?” で成り立っていると言っても過言ではありません。 常に”Cause & Effect” (原因と結果)を考え、それを単純明快な「主語+動詞」の文で表現するのが英語です。 わからない時には納得するまで質問を繰り返すのが英語であり、Critical Thinking です。

一方、日本語は「主語」をほとんど使いません。 「動詞」も恥ずかしそうに文の終わりにちょこっと顔を出すだけです。 最近の日本語では、「動詞」も省略し「名詞」で終わってしまうことも多いようです。 

「今日は?」「ん?」「何した?」「テスト。」

Critical Thinking を理解するための英語の勉強としては、単純明快な英語の「主語+動詞」の文章をどんどん自分から発信出来るようになること。

“Why?”の質問が出来るようになること。 (自分でもそれに答えることが必要)
(簡単な「主語+動詞」で十分答えることが出来ますよ。)

更に一歩進んで、”For example?” に対処するためには、具体的なアクションを現わす動詞を使うこと。 日本の英語教科書に載っているような抽象的でアクションを感じられないような単語は極力避けることです。 例えば、”have”, “like”, “play”, “get” などはダメ。

それだけの英語力で十分。

と言っても、日本には、このような本物の英語を使いコミュニケーションが取れる人が少ないもの現実です。 日本語の漢字をそのまま和英辞典で調べて出て来たような意味不明な英単語を並べて話したり、書いたりしても、その英語はCritical Thinking からはまったく遠いところにあります。 日本の英語教育が役に立たなかった結果だと思います。

Critical Thinking の訓練は、まず「なぜ?」を考えることから始まります。 それを単純明快な英語に沿って進めていくと、急に脳が切り替わる瞬間があると思います。 

直接指導する小学生たちは、実は簡単な英語の動詞(20種類くらいのAction Verbs)を書いたリストがボロボロになるまで使いこなして、立派に「原因と結果」のロジックを使います。 英語でです。

「ほかの考え」「ほかの見方」に触れてみたい方、ぜひCritical Thinking に入門して下さい。 あなたの人生が変わりますよ。

カテゴリ 「クリティカルシンキング」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 Critical Thinking を使った英語のReading

英語のストーリーやエッセイなどの抽象的な概念を論理的に理解する方法

料金
10,000円

英語のReading 能力を高める効果的な方法。 それは、Critical Thinking を使い、分析しながら読めるよう訓練することです。

アメリカやカナダの大学では、高校までの教育で完成しているはずのCritical Thinking能力が必須ですが、大学により、その能力を確かめるために、Reading with Critical Thinking という教授法を使うことがあります。

その実践されているReading with Critical Thinking を体験して下さい。

Critical Thinking を使った英語のReading
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真