民事家事・生活トラブル全般の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

民事家事・生活トラブル全般 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

鬼沢 健士

弁護士

親身、ていねいをモットーに、わかりやすい説明を心がけています

弁護士に相談することができなかったために、問題を解決できなかったという方が多いと感じています。そのようなことにならないために「気軽に相談できる弁護士」を目…

鬼沢 健士

大塚 嘉一

弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務…

大塚 嘉一

葛井 重直

弁護士

懇切丁寧な対応を目指します。

個人の民事(家事事件を含む)、刑事、法人の法務を取り扱っております。家事事件(相続、離婚等)の取り扱い多数。

葛井 重直

神尾 尊礼

弁護士

円満解決が第一。親身になって対応します。

家事事件から刑事事件、企業法務まで、幅広く扱ってきました。特に、裁判所等から後見等を頼まれることもあります。現在は、初回相談無料としています。敷居は低く満…

神尾 尊礼

専門家が投稿したコラム

相続の民法改正を解説!配偶者居住権その他ポイントは?

2018年7月6日、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)が成立しました(同年7月13日公布)。民法のうち相続法の分野については、昭和55年以来、実質的に大きな見直しはされてきませんでしたが、その間にも、社会の高齢化が更に進展し、相続開始時における配偶者の年齢も相対的に高齢化しているため、その保護の必要性が高まっていました。今回の相続法の見直しは、このような社会経済情...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

名義預金について解説! 判断のポイントは?

名義預金とは、形式的には相続人が預金口座の名義人であっても、実質的には被相続人が管理や運用を行っている預金を言います。 相続税の申告や相続税対策をする上で、名義預金をきちんと理解することは重要です。 毎年、「暦年贈与で相続税対策をしていたのに、税務署から名義預金とみなされて相続財産に加えられてしまう」といったケースがあります。 「自分の名義だから今回の相続には関係ない」と軽く考えないほうがい...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

ハーグ条約対応。子の引き渡し、養育費強制執行の法制答申(2018年10月4日)

2018年10月4日、法制審議会(法務大臣の諮問機関)は、国際結婚の破綻で一方の親が母国に連れ帰った子供を、元の国に迅速に連れ戻すための法改正要綱を法相に答申しました。 離婚後に子どもの引き渡しや養育費などの支払いが決まったのに実行されないケースが多く発生していることを受けて、法制審議会は、子どもの引き渡しのルールを明文化し、財産隠しを防ぐ規定を盛り込んだ民事執行法などの改正要綱をまとめ、答申し...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

尼崎市のたばこ対策推進条例の内容

尼崎市たばこ対策推進条例が、平成30年6月に制定されました。 この条例では、市や市民、事業者などが相互に連携を図り、協力してたばこ対策に取り組むことで、すべての人が健康で快適に暮らすことのできるまちを目指すとされています。 この条例は、市、市民、事業者などが協力してたばこ対策に取り組んでいくためのルールとなるものです。 条例では、主に禁煙の支援、受動喫煙の防止、市内全域での歩きたばこの禁止、...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

民泊新法が制定。その内容は?

民泊とは、宿泊用に提供された個人宅などに宿泊することです。 近年、インターネットの仲介サイトの出現などにより、観光客に個人宅や投資物件を有料で貸し出すビジネスが活発になっています。 但し、個人宅を貸すことに対して、従来の旅館業法では規制が及ばず、結果として無許可の違法民泊が増加する問題が発生しました。 そこで、民泊に対する新しい法律である「住宅宿泊事業法(民泊法)」を制定することになりました...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「知的財産権」に関するまとめ

  • 知的財産権って何?基本事項や疑問について専門家が解説します

    皆さんは「IP」という略称を耳にすることはありませんか。近年様々な言葉の略称として用いられていますが、そのうちの1つに知的財産権(Intellectual Property)があります。
    知的財産権とは商標権や特許権など無形財産に関する権利の総称で、五輪のロゴ問題を始め話題にならない日はありません。ここでは知的財産権についての基本的なことや疑問の解消に役立つ専門家の解説をまとめました。

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積