地盤調査の結果についての疑問 - 住宅検査・測量 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅検査・測量

地盤調査の結果についての疑問

住宅・不動産 住宅検査・測量 2009/02/16 13:59

築50年経つ農家2階建て60坪の実家を平屋35坪へ建替える予定で工事を進めており、もともと周辺は山林地区で、ゴルフ場が隣接しております。
今まで地震が来ても壊れる事もなくきましたが、解体後に地盤調査をし先日結果が出たと、施工会社より連絡があり、当初「布基礎」で施工を予定でしたが、結果では、【「ベタ基礎」へ変更すれば地盤改良工事をしなくても良い】との事で地盤改良費用が不要になる代わりにベタ基礎様の費用が追加になりました。
まだ、結果表を見てはおりませんが、昔の建物の状況で何の問題もなく過ごしていましたのに、なぜ平屋で半分の建物になるのに基礎変更になるのかが、腑に落ちません。
又、地盤調査を依頼しているのは、当然施工会社ですが、結託しているとのでは?と、少々疑っております。
そんな事は無いと思いますが・・
そんなものなのでしょか?

midomidoさん ( 千葉県 / 女性 / 39歳 )

回答:3件

地盤調査について

2009/02/17 09:57 詳細リンク

こんにちは

木造住宅など新築時の地盤調査は平成12年に法律で義務化されました。

この法律とは平成12年告示第1347号
地盤の長期許容応力度別に基礎を選定することを定めています。
簡単な説明ですが
布基礎は30K/平米 以上
ベタ基礎は20K/平米 以上 です。

ただ、住宅で一般的に行われれるスウェーデン式調査の場合
判断は一様ではありません。過剰ぎみに判断するか甘く判断
するかは人によって違います。

現在住宅は構造部分において建築した業者は10年間の
瑕疵担保責任を負わないといけません。
地盤は保証外ですが沈下により建物がかなり傾けば
基礎や躯体の瑕疵となり責任を負わないといけません。

そのこともあり業者側は慎重になります。

業者を信用することは大切ですが
実際、結託するようなこともないとは限りません。
調査結果にもとづいた根拠を出してもらい説明を受けるか
セカンドオピニオンのように他の建築士の意見を求める
など行うことも良いでしょう。

回答専門家

専門家プロファイル 編集部
専門家プロファイル 編集部
(東京都 / 編集部)
専門家プロファイル 
03-6869-6825
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

登録している専門家やQ&Aやコラムといったコンテンツをご紹介

専門家プロファイルに登録をしている皆様の記事や、Q&A、まとめなど編集部でピックアップしたものを定期的に配信していきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

地盤調査について

2018/01/30 15:03 詳細リンク

Midomido様
はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。

ご質問いただきました件ですが、他の回答者様と同じような内容にはなりますが、
地盤調査に関しては、平成12年の建築基準法改正で、地耐力に応じた地盤改良が
必要となり、また、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)による、
資力確保の為の供託や保険加入に地盤調査や地盤改良が必要となりました。

そのため、50年前では不要だった地盤の調査や改良でも、現在では行われるように
なっております。

但し、Midomido様が危惧される通り、調査データを改ざんし、不要な改良を
勧める業者も稀にあると聞きます。
また逆のケースでは、経費削減の為に必要な長さの杭を使わないなど、ニュースで
取り上げられることもあります。

尚、一般的な戸建て住宅でよく行われる調査に、スウェーデン式サウンディング試験が
あげられますが、試験結果からN値を換算するため、依頼する業者や調査員の経験値、
知識レベルで誤差がでやすいのも事実です。
このため、改ざんの意識がなくても、不要な改良を行ってたり必要な改良が出来て
いないことも考えられます。

どうしても調査会社に信用がおけないようでなれば、セカンドオピニオンも
選択肢として必要かもしてません。


地盤調査・地盤改良について、月並みな説明となってはおりますが、
不安の緩和に役立つアドバイスであれば幸いです。
以上、ご参考になりましたでしょうか。
アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/ 藤森哲也

地盤改良
建築基準法
改ざん
地盤調査
不動産

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

中舎 重之

中舎 重之
建築家

- good

平屋に「べた基礎」とは?

2014/05/13 10:06 詳細リンク

古い土地の地盤はそれだけで安定しています。地盤調査が義務付けされているとしても当方なら無視します。基礎は昔ながらの布基礎にして下さい。千葉県は地震対策もさることながら颱風・突風・竜巻等の風対策が優先すると思われます。「布基礎」は地盤+基礎が一体となり風に抵抗してくれます。「べた基礎」は風には無力で建物が基礎ごと倒れる可能性が大であると思って下さい。
以上です。 2014.5.13 中舎重之

竜巻
対策
千葉県
基礎

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

狭小地の地盤改良得意打ち費、との他建築費用の件 夜のハクビシンさん  2013-10-07 14:26 回答1件
古井戸について huji3さん  2012-02-08 17:14 回答1件
事前家屋調査について スミさんさん  2008-07-04 09:41 回答1件
地盤調査に関して katou_2012さん  2013-12-08 09:50 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

中古住宅購入よろず相談

中古住宅購入 ホップ・ステップ・ジャンプ

伊藤 裕啓

住まいのe-相談室(株式会社伊藤建築コンサルタント)

伊藤 裕啓

(一級建築士)

その他サービス

中古一戸建ての内覧会同行検査 インスペクション

中古住宅の健康診断は売り主・買い主にとって必要です。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)