失業保険の受給資格について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

失業保険の受給資格について

マネー 年金・社会保険 2008/09/16 06:47

現在、?普通のサラリーマン(勤続10年超)と?先日設立した法人の代表をしております。

今回、?を退職する予定となっております。
その場合、失業保険はもらえるのでしょうか。
?については、設立をしたのみで、現状、給与を
もらってなく、社会保険等の手続きもしておりません。

よろしくお願いします。

Bayさん ( 神奈川県 / 男性 / 34歳 )

回答:2件


ファイナンシャルプランナー

- good

残念ながら受給要件には当たらないようです。

2008/09/16 07:14 詳細リンク

Bayさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

失業給付に関して

●受給要件
雇用保険の被保険者が離職して、次の(1)及び(2)のいずれにもあてはまるときは一般被保険者については基本手当が支給されます。

(1) ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること

(2)は加入期間の要件

よって、法人の代表ということですので、失業状態にはないということになりますね。給与のあるなしには関係ありません。残念ですが、受給要件には該当しないようです。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

退職前の出来るだけ早い時期に!

2008/09/16 09:56 詳細リンク

Bay様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、Bay様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)
1.失業保険の受給申請のための理由として、
自己都合(転職希望)退職となると思います。

2.そのため、ハローワークで離職票等を提出してから、
7日間(待期期間)の満了後、原則として3ヶ月間は失業保険の受給は出来ません(給付制限)。

3.つまり、この間を職探し期間となると思います。

4.尚、退職前の出来るだけ早い時期に住所地のハローワークで詳細な情報入手されることをおすすめいたします。

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養に入るタイミングについて ホキポキさん  2015-01-27 18:22 回答1件
傷病手当金受給中に60歳になり、再雇用された場合。 出不精ママさん  2014-08-09 17:48 回答1件
夫の失業と妻の扶養 ゆいりんさん  2014-05-30 00:18 回答1件
妊娠による退職後の保険、年金について教えてください もにもに1104さん  2011-07-23 22:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)