扶養の手続きについて - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養の手続きについて

マネー 年金・社会保険 2007/12/10 17:15

今年の8月に結婚をし、現在夫(サラリーマン)の扶養に入っています。今月の10日から派遣で働くことになりました。一日5時間・週5日で時給が1130円です(残業は時々あるそうです)。月給が11万円〜12万円くらいになるので、夫の扶養からはずれないといけないと思うのですが、派遣会社の社会保険加入条件が所定労働時間が週30時間以上の場合なので入れないと思います。そうなると国民年金・国民健康保険に自分で加入しないといけないと思うのですが、いつ扶養からはずれればいいのでしょうか?(給料は1ヶ月分が翌月末にもらえます)教えてください。
よろしくお願いします。

ぷ〜たろさん ( 広島県 / 女性 / 34歳 )

回答:2件

吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養の条件をお知らせします

2007/12/10 20:12 詳細リンク

ぷ〜たろ様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

本日からお仕事に就かれた由、おめでとうございます。

社会保険の扶養の条件は、申請後の収入が a.年間130万円未満、b.1ヶ月当りの収入が108,334円未満、c.失業給付の基本に地学が3,562円未満の3条件全てを満たすことが必要です。

また、収入には手当てや通勤交通費等も含まれます。

従いまして、今回のお仕事を続けることが決まり、上記3条件から外れる見込みでしたら、次月から扶養から外れる旨、届出書をご提出ください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


今月から扶養を外れることになります

2007/12/10 23:38 詳細リンク

はじめまして、ぷ〜たろ様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

今月から扶養認定基準(月額10.8万円)を超えて働くことが決まり、既に勤務されていますので、今月から扶養を外れることになります。

ご主人の会社で被扶養者資格喪失証明書をもらって、市区町村の役所で国民年金、国民健康保険の加入手続きをしてください。

ただ、派遣で働き始められるようですが、最初の契約期間が2ヶ月とかではないでしょうか。その場合は扶養を外れる必要はありません。なぜなら、「将来に向けて」固定的、継続的収入があるとはいえないからです。契約書をご確認ください。2ヶ月間の勤務状況をみてから本採用という場合もありますので。

扶養認定基準は「将来に向けて」固定的、継続的収入が年間130万円、月額10.8万円(130万円÷12月)、日額3,611円(130万円÷360日)です。これらを超えると扶養に入ることができません。

ですので、もし、月額給与が10.8万円以下の場合、残業等で10.8万円を超えても扶養を外れる必要はありません。このあたり間違われている方が多いようです。参考にしてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

時給アップと社会保険加入とどちらが良いでしょうか OKAPHIRさん  2010-01-26 20:54 回答1件
社会保険の加入資格がない場合 ケイケイさん  2008-12-15 00:25 回答3件
健康保険 扶養 コムギさん  2013-08-11 16:56 回答1件
育休中の扶養について うおさん  2011-08-08 20:05 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

これで安心。確定申告書事前チェックサービス

ちょっと待って。申告書提出その前に!

木下 裕隆

木下裕隆税理士事務所/有限会社TAC

木下 裕隆

(税理士)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

年収400万円からの安心住宅購入術(提案書付)

年収400万円台の方の、無理のない住宅購入に向けた『資金計画』をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)