セカンドオピニオンは可能です。 - 鬼沢 健士 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

セカンドオピニオンは可能です。

2018/10/31 14:56

今、依頼している弁護士のことで他の弁護士に質問をすることは可能です。

ご質問を拝見すると、平行線、膠着状態なのでどうしようもなくなってしまったことが、貴方にとっては優先順位が下がったと感じてしまっているような印象もあります。

強制執行に関しては、それまでの訴訟のような勝ち負けというよりも、単なる手続ですから差し押さえる財産さえわかれば問題ないはずです。

回答専門家

鬼沢 健士
鬼沢 健士
( 茨城県 / 弁護士 )
じょうばん法律事務所
0297-77-5301
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身、ていねいをモットーに、わかりやすい説明を心がけています

弁護士に相談することができなかったために、問題を解決できなかったという方が多いと感じています。そのようなことにならないために「気軽に相談できる弁護士」を目指しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

弁護士のセカンド・オピニオンについて

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2018/09/26 15:37

個人間の債権回収について弁護士に依頼しているのですが、訴訟に至るまで1年半近くが経過してしまいました。
その間、内容証明の送付やその他の手段での和解交渉などが行われていましたが、弁… [続きを読む]

kazutaroさん (東京都/52歳/男性)

このQ&Aの回答

ご回答 岡田 晃朝(弁護士) 2018/11/21 07:24

このQ&Aに類似したQ&A

亡父の生涯戸籍で初めて分かった義兄の存在 junjunjunjunさん  2015-08-04 14:54 回答2件
下請けからの通告書について srmrさん  2015-03-21 17:08 回答1件
個人宛の速達郵便を第三者が受け取った場合 Isewanさん  2019-02-07 16:38 回答1件
公正証書の内容変更について JYさん  2016-05-09 12:49 回答1件