ご回答 - 岡田 晃朝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

ご回答

2018/11/21 07:24

このような場合、他の弁護士の先生にセカンド・オピニオンをお願いすることなど可能なのでしょうか?

可能です。
もっとも、そこまで進んでいる場合、あえて変えたほうが遅くなるということもあります。
そのあたりは、検討が必要でしょう。

弁護士

回答専門家

岡田 晃朝
岡田 晃朝
( 兵庫県 / 弁護士 )
あさがお法律事務所

お気軽にご相談ください。

主として、相続、借金問題、企業トラブルに注力しております。事務所の所在する場所が、住宅地である土地柄、離婚や労働問題などのご相談も多いです。気軽にお電話、ご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

弁護士のセカンド・オピニオンについて

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2018/09/26 15:37

個人間の債権回収について弁護士に依頼しているのですが、訴訟に至るまで1年半近くが経過してしまいました。
その間、内容証明の送付やその他の手段での和解交渉などが行われていましたが、弁… [続きを読む]

kazutaroさん (東京都/52歳/男性)

このQ&Aの回答

セカンドオピニオンは可能です。 鬼沢 健士(弁護士) 2018/10/31 14:56

このQ&Aに類似したQ&A

亡父の生涯戸籍で初めて分かった義兄の存在 junjunjunjunさん  2015-08-04 14:54 回答2件
下請けからの通告書について srmrさん  2015-03-21 17:08 回答1件
個人宛の速達郵便を第三者が受け取った場合 Isewanさん  2019-02-07 16:38 回答1件
公正証書の内容変更について JYさん  2016-05-09 12:49 回答1件