窓は大きさや方角でサッシ+ガラスの機能を考えてバランスよく! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
加藤 一枝

加藤 一枝
建築家

7 good

窓は大きさや方角でサッシ+ガラスの機能を考えてバランスよく!

2011/09/09 11:27
(
5.0
)

こんにちは。名古屋の晴ハレ住環境設計の加藤一枝です。

RAIUNさんは、「売り建て」で住宅をご計画中なのですね。
既にできてしまっている住宅を「建て売り」で買われる訳ではないので、
もしも、住宅の熱環境・省エネを大切に考えられるのでしたら、
予算の追加をしてでも、より高性能のサッシ+ガラスを採用しておかれるのもよいかもしれませんね。RAIUNさんもご存じの通り、熱の出入りが一番大きいところは窓で、壁や屋根等の倍位はあるのですから...。

しかし、やはり予算追加というのはちょっと...、と思われるのであれば、
LDや寝室等の大きな窓のサッシ+ガラスの機能は、やはりできるだけ高機能のものにしておいた方が良い、と私は思います。

種類の違うサッシを採用する場合の美観のご心配については、
サッシの取り付け方にもよりますが、
サッシを取り付ける壁の部屋側に、木製の枠等を回したり、サッシの色を揃えたりすれば、
私には、OK、のように感じます。
そんなに難しいことではないので、工務店さんに相談されたらいかがでしょう?

また、ガラスについては、高断熱複層ガラスを採用されると思いますが、
できれば、東と西の方角のガラスについては、部屋の用途にもよりますが、「遮熱」高断熱複層ガラスにしておかれるとベターと思います。
気を付けなければならないのは、南の方角のガラスには、遮熱機能を入れないことです。
南側で遮熱をしてしまうと、冬の暖かいおひさまの熱も遮断してしまいます...!!(笑)
「庇」をサッシの高さの1/3の長さ分壁から突き出すように取り付けておかれるのも、
日差しの調整ができ、遮熱の効果が期待できます。
雨対策や建物の外観に奥行きや深みの雰囲気を醸し出しますので、是非おすすめです!!

以上、思いつくままのアドバイスとなってしまいましたが、参考になれば幸いです。

補足

私も、やはり窓の断熱性は大切に考えていますので、それと美観を考えて、
できるだけ木製サッシを採用したいと考えているのですが、やはり予算的に、全部の窓にそれを採用することは難しく、LDや寝室等大きな窓にのみ採用することが多いのですが、
この木製サッシと小窓のアルミや樹脂サッシとは、上記の方法で美観を整えることにしています。私的には、見苦しいとは感じませんので、恐らく、大丈夫と思いす...。(笑)

性能も大切にし、それをどう美しく整えるか、それが、本当の建築デザインと考えています!

また、ご計画中のプランがわからないので何とも言えませんが、
もしも、お部屋の周りに、昔の日本家屋のように、「縁側」のような空間がぐるりと廻っているような住宅プランでしたら、
サッシ+ガラスの性能だけに頼らなくても、お部屋の熱環境、体感温度等は想像以上に良いかもしれませんよ。
縁側の空気の容積分とお部屋の明り障子(木枠+和紙)等の建具が断熱層の役割を果たしてくれ、サッシ+ガラスの断熱性能を補ってくれるからです。

ですから、住宅の熱環境や省エネ効果を考える時は、部品や設備の性能に頼るだけでなく、間取り、素材、窓の配置、方角等、建物全体と建物周辺環境から、総合的に考えることが大切ですね。

環境
省エネ
高断熱
住宅
設計

評価・お礼

RAIUN さん

2011/09/10 14:01

加藤様
ご回答ありがとうございます。
長く暮らす家なので、特に結露対策をしっかりしたいと考えています。
同じ部屋のサッシの種類は統一し、別の部屋であっても色を揃える等、気をつけたいと思います。
今のところ、全窓で「遮熱高断熱複層ガラス」の予定でしたが、南側の窓はやはり高断熱複層ガラスにしておいたほうが良いでしょうか。
冬の寒さと夏の暑さ、南側の日差しをどうするか悩んでまして…(^^;
木製サッシ、憧れます。ただ、メーカーにアルミと樹脂のサッシしか無く…
縁側も、妻がほしがっていたのですが、狭い家なので断念しました。
いただいたアドバイスを活かして、良い家づくりをしたいと思います。

加藤 一枝

加藤 一枝

2011/09/10 15:50

RAIUNさん、ご評価ありがとうございました。

全窓のガラスを「遮熱高断熱複層ガラス」でご検討だったんですね。今時、リッチですね。(笑)しかし、南側のガラスは、やはり、冬の日差しを採り入れるためにも、遮熱機能は外した方がベターと思います。
その代わりの夏場の遮熱対策としては、以下の方法をご提案します。
1.軒やひさし、オーニングを取り付ける。
一般的に軒の出を検討するのは夏至の頃の太陽高度を参考に算出しますが、もっと暑い時期は8月の京都五山の送り火の頃です。この頃は、既に、夏至の頃よりも太陽高度は低くなってきていることも考慮する必要があります。オーニングも効果的かもしれませんね。色を選ばれる時は、もちろん、反射率の高い色が効果的です。
2.窓の外側に日射に有効な部材を付ける。
例えば、すだれ、よしず、外付けブラインド、ブラインドシヤッター、通風雨戸等。
3.庭を工夫する。
例えば、南窓の前面に、冬場は落葉する樹木を植える。
或いは、南側窓の前面に、壁面緑化?ガラス面緑化をする。
ネット状の資材を立て掛け、そこに、つる性の植物を這わせる。
⇒参考資材、おしゃ楽さんのガビオン・ネット
http://www.osharaku.com/product/modern/gabion/index.html
ついでに、南側の庭やアプローチ、駐車スペース等を、石やコンクリート床にしない。
これは、床に日差しが反射して窓から熱が侵入しますし、この上を通ってくる風も温まってしまうからです。できれば、土・芝生等がよいかと思います。

以上のように、窓の外側で日射対策するのが効果的なのですが、
1.~3.の対策法は全て無理、という場合は、部屋の内側で、遮熱断熱等機能の付いたブラインド等を採用されるのがよいかと思います。

では、良い家にしてくださいね。応援しています。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

窓の種類は統一した方が良いですか?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2011/09/09 02:31

お世話になります。
現在、売り建ての計画を進めているのですが、窓のサッシのことで悩んでいます。
売り建てなのでサッシはトステムしか選べません。断熱と結露対策にはそれなりにこだわりた… [続きを読む]

RAIUNさん (京都府/29歳/男性)

このQ&Aの回答

美意識に対する問題です。 稲垣 史朗(リフォームコーディネーター) 2011/09/09 09:24

このQ&Aに類似したQ&A

断熱材 くしろさん  2011-12-03 01:42 回答2件
新築 サッシ(窓)について sweet_sweetさん  2011-01-21 11:54 回答1件
寝室の湿気対策について NAKYOさん  2009-12-09 19:54 回答1件
断熱材 kei4085jpさん  2014-03-29 10:31 回答1件