指先の温度を上げれる先生と上げれない先生◎無敗脳ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

指先の温度を上げれる先生と上げれない先生◎無敗脳ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

最新メンタルトレーニングでストレス&うつ一刀両断!無敗脳ヨガ道場の辻です。



手の温度は、ヨガなどでリラックスすることで、副交感神経の働きが強まり、筋肉が弛緩し、血管が拡張し、血流が良くなり、ポカポカしてきます。


逆に、緊張すると手が冷たくなるのは、交感神経の働きが強まるためです。



ある日、ヨガの指導者として同じぐらいの指導経験を持っている二人の指導者A先生と、B先生が、日替わりでヨガの指導を行いました。



A先生のヨガのレッスン後は、必ず毎回、生徒さんの手の温度が上がりました。


一方、B先生は、全く上げることができませんでした。



指導内容が同じにもかかわらず、どうしてこのような違いが出たのでしょうか?



その後の、アンケートで明らかになったのですが、A先生は、そのレッスンを受けた生徒さんたちと打ち解け、親近感がお互いわいていたのに対し、B先生は物静かで近寄りがたかったそうです。



つまり、A先生の場合は、ヨガだけでなく、先生の人柄の効果もあって副交感神経の活動が高まり、リラックスできたのに対し、B先生の場合は、距離感があり、うまく副交感神経の働きが高まらなかったことが考えられます。



ですので、

同じ指導内容でも、指導する先生の雰囲気だったり、教室の雰囲気で、リラックスの度合いも変わってくるということですね。



カウンセリングや、コーチングでは、相談者との距離感を縮める「アイスブレーキング」がとても大切といわれていますが、これはヨガにおいても同様です。



距離感を縮めるという意味では、ブログも生徒さんとの距離を縮めてくれる一つの良いツールといえますね。



本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


東京都 港区 田町 無敗脳ヨガ道場『サイバーヨガ・スタジオ辻でした。

このコラムに類似したコラム

脳科学はまだまだ謎だらけ◎“無敗脳”ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/10/23 23:58)

ビジネスマンの理想的なメンタルは「イチロー選手」 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/24 08:00)

打たれ強くなる「脳」の習慣 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/19 21:57)

アスリートでなくてもご受講可能です 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/04/09 06:00)