自立してほしいマザコン夫。新婚早々、離婚を考え中。 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

岡野あつこ
株式会社カラットクラブ 代表取締役
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自立してほしいマザコン夫。新婚早々、離婚を考え中。

- good

新婚の可奈子さん(22歳)は、年上で頼りがいがあると思っていた夫・薫さん(34歳)の思わぬ実態に、
3ヵ月にして早くも離婚を考えています。
結婚前には、優しくて紳士的なところが素敵に見えた薫さんだったのに・・・・・・。
それでも可奈子さんは、できれば別れたくないのです。



高校を卒業して、信用金庫に勤めていた私は、大口顧客の担当をしていました。
そんな仕事をしているとき、地元でも有名な家具店の跡取り息子の彼は、上品に見える男性でした。(※1)

顔を合わせて2ヵ月ほど経ったところ、彼が帰りがけに私にメモをくれました。
そこには「今度、一緒に食事でも行きませんか?」というデートの誘いと、メールアドレスがかいてありました。

私は飛び上がるほど嬉しく思いました。

「ありがとうございます。夢みたいです。よろしくお願いします♪ 可奈子」

私はすぐにメールを送りました。彼からも、

「こちらこそありがとう! まさかいい返事がもらえるとは思わなかったよ」

とすぐに返事が来ました。そうして、私たちの交際が始まったのです。

お金持ちで大人の彼は、私の退社時間に合わせて、高級車で迎えに来てくれ、次々とおいしいお店やはやりのスポットに連れて行ってくれました。(※2)

「薫さん、私、本当に夢をみているみたい」

「僕は、君のことがとても大切なんだ。こんなことぐらい当たり前だよ。これからも、ずっと僕のそばにいてくれないか?」

交際を始めて半年足らずで、私はプロポーズを受けました。私の親にもあいさつに来てくれ、親も大賛成。結婚に向けて準備をすることになりました。

ところが、初めて彼の家に行ったとき、おかしなことがありました。

彼が、席を外したら、お母さんが私のそばにすっと寄ってきました。そして、耳打ちするように言ったのです。

「あなた、そうとう遊んでいるって噂ね。 私の息子をだましたんでしょ? 何が目的なの?」

彼がすぐに戻ってきたので、お母さんは元の場所に何事もなかったかのように戻りました。
私は、ちょっと怖い思いましたが、その後も彼は変わらず優しくしてくれていましたので、あまり気にせずにいました。

そして、結婚式当日。神前の挙式から、披露宴が終わるまで号泣しどおしの彼のお母さんに、何か違和感を感じましたが、それもまた、あまり気にせずにいました。(※3)

翌日から、10日間の新婚旅行でヨーロッパに行き、私は幸せの絶頂だったと思います。
でも、そこに揺らぎが始まったのは、帰国してすぐのことでした。

彼のお母さんは、空港まで迎えに来て、いきなり彼に抱きつきました。
彼も、お母さんをしっかりと抱きしめているのを見て、変わった親子だと思いました。

空港からの車内でも、

「薫ちゃん、旅行はどうだったの? お母ちゃまの言うとおりにしてよかったでしょ? 嫌なことはなかったの?」

と、彼にべったりくっついて、あれこれと聞いていました。

「フランスで食べたカキがとてもおいしかったんですよ!」

私が話しかけても、全く無視。(※4)

「薫ちゃんはチーズが好きだから、いっぱい食べたんでしょ?」

と話を変えてしまうのです。

「お母ちゃま、今は疲れてるから、また今度ゆっくり報告するよ」

私は耳を疑いました。彼が、お母さんを呼ぶのを初めて聞いたのです。

「お母ちゃま」、これはいったいどういう呼び方なのでしょう!(※5)

私たちは新居に入りました。結婚式の前日までに、引っ越し荷物は運びこんでいたのですが、まだ衣類を家具に納めていなかったはず。それなのに、なんと彼の衣類だけがすべて収納されていたのです。

しかも、下着はトランクスとTシャツを全部セットにして、しまってあるのです。私はギョッとしました。

「ああ、オフクロがやってくれたんだね。こうしておかないと僕が、Tシャツを替えなかったりするからね」

「そ、そうなの・・・・・・これからは、私もこうしなくてはダメ?」

「これは、オフクロのやり方だから、加奈ちゃんはやらなくていいよ」

いつものように話す彼を見て、ホッっとしました。そして、新婚3ヵ月目に入ったときに決定的なことが起きました。

彼が、風邪で熱を出したのです。私は、氷枕を用意し、父親がいる会社に電話をしました。父親は、

「世話をかけますね。大事にして早く治すように伝えてください」

といたって普通の応対でした。それから食欲がないという彼のために、私はお粥を作っていました。すると、寝室から話し声がしたので、驚いて行ってみました。

「僕の熱が下がる薬ってなんていうの? お母ちゃまは来られないの?」

なんと彼が、お母さんに甘えて電話をしていたのです。マザコンだ!私が初めてはっきりと認識した瞬間です。電話を切った彼は、

「オフクロが〇〇〇て薬じゃないと効かないって言うから、買ってきてくれない?」

と私に言いつけました。私は、すぐに薬局に飛んでいきました。
彼の指定の薬を買って、30分ほどで帰宅したのですが、そこには広がる景色を見た私は、思わず悲鳴をあげそうになったのです。

「薫ちゃん、あんな変な娘と一緒に暮らしていたから、体を壊したのね。かわいそうに・・・・・・」

お母さんが彼を抱いて泣いているのです。そして、私が作っておいたお粥を口に運んで食べさせいました。(※6)

「ああ、おいしい。やっぱり、お母ちゃまのお粥はおいしいね」

「そうでしょう、あなたのために心を込めて作ったのよ」

彼は、私が作ったものをおいしいと言ったことがありませんでした。

いつも「オフクロのはもっとこうだ」と、お母さんの料理を引き合いに出して、私の料理を褒めなかったのです。
なのに、マザコン男は、母親が作ったと思い込んで、私のお粥をおいしいと言って、しかも食べているのです。

幼い子供じゃあるまいし、30歳も過ぎた男が母親と赤ちゃんプレーでもないでしょう!
本当にあきれました。 このままだったらとても耐えられない・・・・・・。



※1 子供っぽさというものも、女性が好む要素。でもそんな男性にはマザコン傾向がある場合が多いようです。
※2 いい思いをすると、自分が大切にされていると思い込んでしまいがち。その影にある、彼特有の女性ナンパ術だということも考えられます。
※3 交際はうまくいっていると、気になったことに甘くなってしまいます。結婚を考えるときには、(彼の)母親がどんな人かというチェックはとても大切です。情には流されず、チェックはチェックで忘れないで。
※4 義母からの挑戦状です。「息子を奪った憎い嫁」に対しての徹底抗戦ととってください。(姑に対しては)あまり、相手にしないことです。夫に対してはタイミングをみて上手に言いつけましょう。
※5 単に昔からの癖ともとれますが、本人が思春期や成長期のある時期に母親離れしようとした葛藤がないのが問題です。この先に起きるトラブルの原因になるかもしれません。
※6 義母にあなたの手柄を取られたって感じで不愉快な事件です。ぜひとも夫が回復したら、真実を話しましょう。



【チェックポイント】
まだ妻に、夫への愛情があるうちは怒らず、なんとかすべきでしょう。
綱引きと一緒ですが、少しずつ自分の方へ夫を引っ張り続け、根気を持って夫に接していきましょう。



夫婦問題でお悩みの方へ 岡野あつこの離婚相談救急隊
 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

離婚を考えるその前に「なぜマザコンになるの?…1」 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/21 12:00)

旦那の両親と仲がわるいのは離婚理由になりますか? 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/24 19:42)

離婚を考えるその前に「なぜマザコンになるの?…2」 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/22 21:12)

離婚後は旧姓を名乗ることになるのでしょうか? 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/15 22:07)

離婚を考えるその前に「男性はなぜDVをひき起こしやすい?…1」 岡野あつこ - 離婚アドバイザー(2012/11/13 14:03)