「実践!国際分散投資」その2 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「実践!国際分散投資」その2

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
海外ファンドで資産を作ろう!
(続き)

1.「国際分散投資」の幻想


さて、改めて言うまでもないですが、「国際分散投資」という考え方は、
今始まったわけではありません(ここ十数年、私は言いまくっていますが・・・)。


私のお付き合いしているファイナンシャルプランナーや投資アドバイザーの
方たちも、最近はこの重要性を大変強く感じてくれています
(FPのお客様も結構いらっしゃいます!)。


しかしながら、一般的に(昔)、よく言われていた「国際分散投資」とは、
国内と海外の株式と債券に分散することによって、マーケットの変化(価格変動)
があっても、補い合う形で、資産を形成していくという考えが主流を
占めていました。


少し前の証券会社などの新聞広告を見ると、

「国内外の株と債券に分散投資を行い、より着実な資産形成をしましょう!」

などという文字が躍っていました。


一例を挙げれば、

日本株式  25%
世界株式  25%
日本債券  25%
世界債券  25%

などというポートフォリオです
(比率は、必ずしも各25%でない場合もありますが・・・)。



そして、その下には、過去数十年の株式と債券市場、そして預金金利の推移が
書いてあり、株や債券に分散投資を行うことにより、預金金利を大きく上回る
リターンが得れてきたとなっています。


そう、確かに数十年前からのデータをみると、そうなっていたかもしれませんが、
問題は、果たして今現在そのセオリーが通用するのかどうかです!?



少なくとも私自身は、4〜5年前の「世界同時株安・債券安」を経験したときに、
今までの上記のセオリーはもう通用しないとうことを実感しました
(つまり、損したということですよ・・・苦笑)


それ以来、それまでも提唱していた“本来の意味”の「国際分散投資」を強く
投資家の方々にお勧めするようになったのです。

(続く)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「海外ファンドで資産を作ろう!」のコラム