2008年のマーケット・金融動向−2 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2008年のマーケット・金融動向−2

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
海外ファンドで資産を作ろう!
(続き)
1.昨年から起こっている事実

昨年の大きな転換点は、やはりアメリカで起こった“サブプライム問題”である
といえるでしょう。

では、具体的にどのようなことが起こり、世界経済にどのような影響を及ぼした
のか(及ぼしているのか)を、具体的にみていくこととしましょう。



・“サブプライム問題”により、世界の金融市場において、「信用収縮」が発生。

・結果、今まで「資金」の出し手であった大手金融機関に対しての「評価損」が
発生。しかしいくらの損失が発生しているのかわからず、更なる「不安」が
マーケットを席巻。

・世界の損失はすでに10兆円を超えており、全体では30兆円超といわれているが、
実のところは40兆なのか50兆になるのかは、まだわからない。

・救いの手を差し伸べたのは、300兆円以上あるといわれる中東、中国、ロシア
などの政府系ファンド(SWF)。


・金融商品の保証を専門に行う「モノライン(金融保証会社)」の業績悪化から、
モノライン自体の評価が下がることにより、保証している企業や金融商品自体の
評価がさらに下がるという深刻な問題の発生。


・“サブプライム”問題の顕在化によって、「住宅価格の下落」「景気後退」
などの影響が出始め、通常の「プライムローン」においても、返済が困難に
なるケースが発生。


・上記のアメリカの景気減速(後退)懸念により、NYダウの大幅下落、そして
米ドルの世界の主要通貨に対する為替の“実効レート”が、2002年に比較して
30%以上下落し、米ドル離れが加速。


・“サブプライム”問題の発生により、買収ファンドなどの資金調達がうまく
いかなくなり、好調だった世界のM&Aが4年半ぶりに減少に転じる。


・リスクを嫌った投機資金が、株式市場から一気に、よりマーケットの小さい
商品市場に流入したことにより、原油や金といった「商品価格」が大幅な急騰。


などなど、様々な出来事が発生しました。
(続く)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「海外ファンドで資産を作ろう!」のコラム