2008年のマーケット・金融動向−1 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2008年のマーケット・金融動向−1

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
海外ファンドで資産を作ろう!
さて、皆さんいよいよ2008年(平成20年)の幕開けとなりました。
年末年始は、いかが過ごされましたでしょうか?

今回は、年頭に当たり、再度私なりに今年のマーケット・金融動向の“分析”を
してみたいと思います。


毎年と言っていいほど、様々なメディア(新聞、テレビなど)は、年初に、
その年の経済成長率や株価、為替相場などを予測するものです
(ほとんど当たらないことが多いですが・・・冷汗)。。


そして、その中の一つとして出てくるのが、“アノマリー”です。

“アノマリー”とは、過去の出来事から生まれる「経験則」のことをいいます。


では、最初に2008年の株式相場のアノマリーを見てみましょう。

今年は、十二支でいうと「子年」になります。日経平均の算出が始まってから
以降の騰落率でみると、実は一番平均上昇率が高いのが「子年」なのです。


1950年以降、過去4回の上昇率の平均は、40.3%にまで達しています。
(ということは、年末の日経平均は21000円以上に!???)

また、今年はアメリカ大統領選挙の年です。


こちらも、1950年以降でみると、アメリカ大統領選があった年の日経平均の上昇
確率は、70%以上(14回中10回)と非常に高い数値となっています。


さて、この通り今年は株高になるのか!??????



いうまでもなく、株価は「投資家心理」によって、大きく動きが変わります。
従って、この過去の“アノマリー”を全く軽視することはできません。



しかしながら、現実のマーケットをみると、この「経験則」に頼って、
「今年は大丈夫!」と言っていられない厳しい状況といえます。


最終的には、皆さんの判断次第ですが・・・



それでは、ただ「予測」をしていても仕方がないので、コンサルタントらしく
実際に起こっている「事実」から、“分析”をしてみたいと思います。
(続く)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「海外ファンドで資産を作ろう!」のコラム