地方でも勝てる! とんかつ成功事例セミナーのご案内 - 各種の飲食店経営施策 - 専門家プロファイル

フードコンサルティング株式会社 マーケティングアドバイザー
東京都
マーケティングプランナー
03-3513-0140
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
田川 耕
(飲食店コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地方でも勝てる! とんかつ成功事例セミナーのご案内

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 各種の飲食店経営施策
飲食店経営

売上が昨対同月比、大幅アップ!  

 

具体的に何が効果を出したか?

 

圧倒的な差別化で、価格競争とは無縁のビジネスを実現する事例セミナーを開催します。

 

 1990年代、ロードサイドやSC内に出店した郊外型とんかつ専門店が次々と繁盛店となり、急激に各地方に広がりました。 しかし、とんかつブームとも言える時期から10年以上が経ち、状況は一変しています。

 売上低迷の背景には、①景気低迷による所得の伸び悩み、②低価格慣れによる訴求力の低下、③中食による外食市場侵食などが大きく影響しています。

 

 一方で、とんかつ専門店が苦戦する中、アークランドサービス株式会社(東京)が展開する「かつや」は177店<直営84店FC93店(平成23年12月現在)>まで拡大しています。

 一般のとんかつ店が客単価1000円を超えるなか、「かつや」は客単価700円台前半と低価格で訴求。

 価格設定も、カツ丼、海老フライ丼、ソースカツ丼各490円(税別)とワンコイン内におさめ、売れ筋のロースカツ定食690円、ダブルロースカツ定食でも950円(税別)と1,000円を切る価格設定としています。

 

 これに対して、客単価1,000円を超えるとんかつ専門店は、「かつや」などの低価格帯業態との差別化ができない限り、お客様を奪われてしまいます。

 加えて、厳しいデフレ時代を勝ち抜くには、商品やサービスの独自性を発揮することで差別化や高付加価値化を進めない限り、業績の浮上は厳しくなっています。

 

 つまり、市場環境の変化に合わせ、商品構成や調理方法、サービスレベルなど全ての面で抜本的な見直しを早急に行う必要があります。

 自店の独自性をどこに打ち出すのか? どのように美味しさを表現するのか? 集客をどのように行い、しかもどう囲い込んでいくのか? など、目指す方向性を明確化し、それに合せてお店のコンセプトの見直しから早期に図っていく必要があります。

 

 こうした取り組みを行い、大きく業績を伸ばしているお店が新潟県長岡市にあります。

 新潟県の、しかも新潟市ではなく長岡市の、それも郊外店という立地ながら、業績向上に向けた次のような取り組みにより、業績を回復させることに成功しました。一部をご紹介します。

 

①食材や調理法などの見直し

②顧客満足度アップに向けたランチオペレーションの改善

③商品力・オペレーション・管理などを解決する「単品管理」の導入 ほか

 

 今回、地方や郊外で同じような悩みを抱えるとんかつ店のためのセミナーを4月24日(火)13:30より、「第3回・とんかつ事例研究会」として、具体的な事例をご紹介いたします。

 会場となるお店は、新潟県長岡市のとんかつ店「かつ久亭総本店」です。

 人口減少が進む地方で業績を改善させた事例は、大いに参考になり励みにもなると思います。

 

 <研究ポイント>

  ① 「絶品人気とんかつ」試食と商品説明   

  ② 経営者から“業績好調の要因” 伝授  

  ③ 弊社より美味しい“とんかつの奥義” を伝授  など

 

 改善の詳細や、具体的な取り組みをお考えの方は、ぜひご参加下さい。セミナーの詳細や参加お申込みは下記までご連絡ください。

・メール info@food-consulting.jp

・TEL 03-3513-0140

・FAX 03-3266-7130

 

facebook(オリジナルコンテンツ満載)   http://www.facebook.com/foodconsulting 

 

関連コラム

 「アルポルト」 片岡護シェフ 料理セミナーのご案内  http://profile.ne.jp/w/c-69601/

 クレーム対応の手順と3原則 <前編>  http://profile.ne.jp/w/c-68776/ 

 「店舗のコンセプト疲労」にどう対処していくか  http://profile.ne.jp/w/c-59722/

 お客様の共感を得る販売促進の事例  http://profile.ne.jp/w/c-56805/

 お店のファンを増やす10項目   http://profile.ne.jp/w/c-56679/

 席数を減らすと、客数が増える? <前編>  http://profile.ne.jp/w/c-61767/

 売上アップは基本の徹底から <前編>   http://profile.ne.jp/w/c-62003/

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マーケティングプランナー)
フードコンサルティング株式会社 マーケティングアドバイザー

答えは現場にあります。

大手商社では当事者として、コンサルティング会社ではクライアント様と同じ目線で取り組んできました。業績に直結する、結果の出るサービスをご提供します。

03-3513-0140
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「飲食店経営」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 飲食店向け販売促進事例集と個別相談

料金
20,000円

飲食店で実際に使われ、売上や客数増加の効果が出ている販促手法の事例集
です。
この事例集をもとに、自店にとって効果的な販促方法のご相談と、具体的な
販促手法をご提案いたします。

飲食店向け販売促進事例集と個別相談

このコラムに類似したコラム

地方の飲食店は、情報に気をつけよう! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/10/30 18:27)

「外食レストラン新聞」連載 (36) サンプル紙プレゼント 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2014/10/08 14:49)

顧客名簿を活用していますか? (前編) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2014/07/13 14:43)

「ロス(損失)10項目」の減らし方 (2) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2014/05/16 13:29)

2014年を勝ち抜くために<2> 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2014/03/02 16:35)