【聴心記「心の炎」】第2回 感情とスキル - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長
東京都
厚生労働省認定 産業カウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【聴心記「心の炎」】第2回 感情とスキル

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
心の炎・散歩路

 目の前の相手が急に怒り出した,そんな経験をされたことはありませんか? この時のことをちょっと思い出してみて下さい。おそらく「びっくりした」「困ったな」「悔しい」「こっちが怒りたい」「泣けてくる」そんな感情を抱いたのではないでしょうか? その一方で,「今なんか言うと逆効果だから,このままおとなしくしておこう」そんな風に感じた人もいたのではないでしょうか?

 最初に感じた気持ち,これは出会い頭に出てくる感情です。状況に心が反応して出てくる。深い理由があって出てくるものではないのです。「泣くつもりじゃないのに涙が出て止まらない」「笑っちゃいけない状況なのに笑いをこらえることができない」そんな時がありますね。心が反応しているのです。こうした感情は否定してはいけません。出てくる感情を感じ取って欲しいのです。だからといって,人前に何でもさらけ出せという訳ではありません。ひたすら心の中で「あー自分には今こんな感情がある」と感じ取っていただければ良いのです。これが,感情を否定しないと言うことです。

 こうして,自然に出てくる感情を長期間にわたって否定し続けると,その弊害が自律神経の方に出てくることが,近年明らかになってきました。神経的な痛みや体調の不具合として身体に出てくるのです。自律神経的な症状が出て,病院で受診し投薬治療を受けながら,感情を抑え続けている方がいらっしゃいます。一方で治療しながら水をくみ出しているのに,もう一方で,自分で水を注入していることになります。そんな意味でも,ご本人は疲労困ぱいしてしまうのではないでしょうか。

 大きなメインの感情は否定しなくても,小さな感情を押しつぶしていることがあります。親友の恋人に対して密かに淡い恋心を抱いてしまったとしましょう。親友の恋人だからと,メインの気持ちは純粋に応援する気持ちになろうとします。こんな時に,自分の淡い恋心はつぶされてしまいます。この時に「告白した方が良い」という訳ではありません。自分にも淡い恋心があると,自分の中で認めて良いのです。心の中で,押しつぶすのではなく,あるがままに感じて通り過ぎるのを待てば良いのです。但し,「親友の恋人だろうがあたしは告白する」という人は,それはそれでOKですよ。自分の心を否定し押しつぶすことが,心の炎を小さく小さくしてしまうことになります。自分の心を否定しない,押しつぶさないということが,心の炎を燃やし続けることにつながるのです。

 さて,もうひとつ,「このままおとなしくしておこう」という考えがありましたね。これは,ある種の理由があって出てくる考えです。感情とは,ちょっと異質のもの。でも,その場でピントひらめいて,行動につながります。こうしたことは,いわゆる「社会的スキル」と呼ばれるものです。人間関係を上手く運ぶために身についたスキルです。スキルですから,学習することで身につけることができます。

 こうした,その場で出てくる感情とスキル,実際には混同されているケースが非常に多いのです。「悔しいけれど言い返せない」というとき,苦悩が始まります。「悔しい」は感情。お構いなしに出てきます。自分の心が実際に生み出したもの。否定せずに行きましょう。その一方で,「言い返せない」はスキルとして「言い返さない」と本人がチョイスしたもの。多少,不本意な面もあるかもしれませんが,テクニックとして自分が選んだものと考えましょう。納得がいかなければ,何か別なスキルを身につけることもできます。心と行動は,区別して考えることができるんですね。だからこそ,心を込めた行動・態度というのがうれしい,となる訳です。

 今日は,感情とスキルと題して,そんなお話をしました。(2012.3.7)
【このコラムは毎週月曜・木曜に更新されます】

■ご案内■・・・・現在コラム掲載中
【All About Profile】認知行動療法WEB研修・聴心記「心の炎」
【facebook】精神医学WEB研修
【Ameba】メディカウンセリングWEB研修  

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 厚生労働省認定 産業カウンセラー)
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長

うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

【うつや不安・ストレスには投薬以外の治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台・大宮で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

カテゴリ 「心の炎・散歩路」のコラム

このコラムに類似したコラム

【コラムのつなぎ目】4/30 安心のお話 part-2 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2013/04/30 19:37)

【聴心記「心の炎」】第13回 魂(1)・・・・身体と心 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/05/25 00:39)

睡眠専門家のストレス対処スキル コーチング 10 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/05/19 19:00)

【聴心記「心の炎」】第11回 感情と評価(2) 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2012/05/15 01:26)