楽天銀行住宅ローン 『固定と変動』 が誕生 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

楽天銀行住宅ローン 『固定と変動』 が誕生

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

楽天銀行が フラット35と変動金利を組み合わせることができる 住宅ローンを発売しました。

これは 昨年10月に発売された SBI住宅ローンの 『ハーフ&ハーフ』 の対抗商品ですね。

SBI住宅ローンと商品内容は ほぼ同じですが、唯一違うところは、フラット35の借入割合に幅をもたせていることろです。

SBI住宅ローンは 融資金額の半分以上をフラット35にしなくてはいけないのに対し、

楽天銀行住宅ローンはフラット35の借入額を70%、50%、30%の3パターンから選べます。

この部分が 変動金利の借入割合を多くしたいユーザー向けなのかもしれません。


また、今回は新商品 発売開始記念キャンペーンを実施しているため、

変動金利部分は全借入期間 ▲0.2%の金利優遇が受けられるそうです。

楽天銀行 1月分の変動金利

通常金利 : 0.941% (団信別) ⇒ キャンペーン金利 : 0.741% (団信別)


ここで気をつけたいことは、上記金利には団信料 (団体信用生命保険料) は含まれていないことです。

団信に加入する場合は、団信料として 別途 0.2% ~ 0.3% の金利が加算されますので、ご注意ください。

また、キャンペーン金利が適用される条件として、5月18日までに申込書を提出して、(楽天銀行受付済)

6月29日までに融資実行されることが挙げられているので、申込時期と融資時期にも注意が必要です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

フラット35は変動金利より確実にお得なのか? 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/30 18:42)

住宅ローンの金利は今後どうなるの? 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/24 11:10)

住宅ローン減税 ~ 繰上返済には要注意 ~ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/03/10 21:34)

復活!?フラット35S 中村 諭 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/07 10:05)

フラット35 概要と借入条件 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2011/09/12 20:12)