「リスクオフ」!? - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「リスクオフ」!?

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

 

今年もあと2日を残すだけとなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしですか!?

 

さて、今年の株式市場は、ユーロ問題、エマージング諸国からの資金流出などがあり、大きく下げて終わりそうです。

 

そんな中、機関投資家として市場への影響が大きい生命保険会社の「ポートフォリオ」にも影響が出ています。

 

一時は、国債の運用から株式への比率を高めていた生保大手各社ですが、今年9月時点では、国債の運用が全体の47%を占め、この5年半の間で約1.5倍にまで膨らんでいます。

 

一方、株式への比率は、同期間26%あったものが、11%にまで低下しました。

 

生保業界の特徴として、預かり資金の運用期間が長いことから、基本的に長期債券での運用が主流ではあります。

 

それに加え、11年度末から新しいソルベンシーマージン(保険金の支払い余力をみる指標)が、よりリスク商品の時価評価を厳しくみるように変更されることから、手っ取り早い対策として、「安全資産」と評価される国債へシフトが加速していると言えます。

 

これによって、さらなる株式市場の低迷に、少なからず影響があるのも事実だと思います。

 

しかしながら、最近のソブリンリスク(政府債・国債のリスク)が高まっている中、特に、日本の生保各社が、日本国債の比率を高めること自体、実は大きな“将来リスク”を背負っているのではないかと、一抹の不安がよぎるのは私だけではないと思います。

 

このように国債の比率を高める動きを、「リスクオフ」と呼んでいますが、実は「リスクオン」になっているのではないかと・・・

 

そうならないよう願うばかりですね。

 

さて、震災や原発事故など、大変な出来事が多かった2011年ですが、今年も無料メルマガでは、資産運用や経済、金融面から考える「2011年の3大ニュース」を書かせていただきます。

明日発行ですので、宜しければお読みください。

http://www.mag2.com/m/0000121186.html

 

また、大晦日は、今年最後の有料メルマガで、「2012年のシナリオ」を考えてみましたので、合わせてご覧いただければ幸いです。

http://www.mag2.com/m/P0007911.html

 

では、また、来年も宜しくお願いします。

 

良き年をお迎えください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

逆張りこそ真理 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/07/20 11:25)

マイファンドレポート 5月の収益率は1.54%、基準価格11,524円前月比82円高 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/08 14:23)

インフレ時代の現金と預貯金のリスク 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/23 16:15)

「ヘッジファンドの残高が急増!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/05/09 15:35)

海外ETFを調べてみましょう。様々な銘柄に出会えます。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/22 09:25)