住宅ローンのご相談 - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンのご相談

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済
住宅ローン 借り換え・繰り上げ返済

ちょっと気になる話
~ライフとマネーのQ&Aから~
■住宅ローン控除の条件は?■

■【住宅ローンのご相談 】

お世話になります。

平成13年に当時仕事をしていましたA県で
新築の分譲マンションを購入、同年3月に入居し、
以降住宅ローン控除を受けています。

実は今年(平成23年)6月に
転職でH県から上京し、
もうA県には戻る予定もないことから、
控除を受けている前述のマンションを
売りに出していますが、
まだ買い手は見つかっておりません。

もし、このまま年内に売却されないとしたら、
今年の控除を受けることはできるのでしょうか?

転職にあたり、繰り上げ返済などしていないので、
控除を受ける期間は、まだこの先残っています。
また、現在は誰も住んでいません。

関連サイトでは、
「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが
控除適用の条件」などとありますが、
これが本当でしたら今年も含め、
これ以降はマンションが売れるまで
控除は受けられない、ということになりますが、
これは本当なのでしょうか?

■【 CFP伊藤からのコメント 】

こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。
ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

住宅ローン控除を受けられる条件として
「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが
控除適用の条件」は本当です。

上京して東京に住んでいるのであれば、
住宅ローン控除を受けることができません。

マンション売却で住宅ローンは完済できますか。
もしできないと売却することもできません。
ご家族も上京されたのですか。

住宅ローン控除を受けている途中に
会社から転勤辞令が出され、その結果、
単身赴任となってしまった場合、
中には住宅ローン控除が受けられなくなってしまう
のではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、ご家族が残っていれば(=単身赴任)、
転勤期間中も本人が住んでいるものと
みなしてくれるので、住宅ローン控除が
適用されなくなることはありません。
これまで通り、還付されます。

FP知恵の木では、少子高齢化時代の資産形成について、
毎週無料メールマガジンを配信しています。
よろしかったら、この機会にぜひご登録ください!
http://www.chienoki.com/seminar06.php

このコラムに類似したコラム

消費税増税後の住宅購入支援制度はコレだ!! 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2014/01/20 16:28)

住宅は消費税増税前に買うべきか?! 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/18 08:35)

フラット35融資額上限撤廃に見る資金計画の重要性 佐藤 陽 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/14 11:45)

住宅取得のタイミングは今か? 佐藤 陽 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/20 11:22)

繰上返済で返済期間が10年未満になったら、ローン控除は? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/13 11:00)