住宅は消費税増税前に買うべきか?! - 住宅購入か住宅賃貸か - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅は消費税増税前に買うべきか?!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅購入か住宅賃貸か

来年4月から消費税増税が決まり、住宅駆け込みが続いているようですね。億ションも即日完売とは、景気の良い話です。

しかし人によっては税率8%になる来年4月以降に買った方が結局お得になる人もいるのです。例えば、住宅ローン控除は来年4月以降、ローン残高の上限が4千万円に増え、控除額は10年間で最大400万円に拡充されるのだ。また、住宅ローン減税控除枠を使い切れない中低所得層向けには、収入に応じた額の現金が、すまい給付金として1戸当たり10万~30万円給付される。

 こうした軽減措置の恩恵を受けることで税率8%が適用される住宅を買ったほうが得になるケースがあります。

ここによって損得が異なるので、個別にご相談下さい!  

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

消費税増税後の住宅購入支援制度はコレだ!! 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2014/01/20 16:28)

フラット35融資額上限撤廃に見る資金計画の重要性 佐藤 陽 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/14 11:45)

住宅取得のタイミングは今か? 佐藤 陽 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/20 11:22)

繰上返済で返済期間が10年未満になったら、ローン控除は? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/13 11:00)

住宅ローン控除で最大300万円戻る??? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/02/22 02:43)