支店を出す - キャッシュフロー - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

支店を出す

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. キャッシュフロー
経営 経営実践

おはようございます、6月も気がつけば後半に入っていました。

今年ももうすぐ折り返し地点ですね。


昨日からの続き、危機耐性の観点から小さな会社の経営を考えます。

今日は支店を出すことについて。


支店を出すというのは、想像以上に大変なことです。

人材や商品、サービスの品質管理や資金繰りの煩雑さなど、

自分では手が届かないところに気を回すことが増えるため

社長さん、事業主は目の回るような忙しさを経験することになります。

支店を出したけど上手く行かず、あげく本店まで調子が悪く…

という最悪のパターンもありえます。


おどすようなことばかり書いて申し訳ないのですが、

本当に支店を出すことが自分のやりたい事業なのか?ということは

よくよく考えていただくことを強くオススメします。

やるにしても、手元資金、頼れる人材、自分の使える時間などを

ある程度整えた上でやる必要があります。


消極的かもしれませんが、多店舗展開をすることだけが

事業上の成功ではありません。

本当に考え抜いた上で、それでも支店を出したいのではあれば

その時に初めて動けば良いことです。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

資金繰り表作成のキホン 榎並 慶浩 - 税理士(2013/10/24 22:25)

複数の会社がある 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/04 01:00)

人材定着に差が出る 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/03 01:00)

廃業には強い理性と優れた感覚が必要 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/20 01:00)

想像力 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/03 01:00)