廃業には強い理性と優れた感覚が必要 - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

廃業には強い理性と優れた感覚が必要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、廃業について。

真っ当な廃業からそうでない廃業、倒産までいくつか振り返りました。

倒産の理由も二つに分けて考えました。

努力はしたけどね…というタイプと贅沢型です。

くどいようですが、この二つのタイプはくっきり分かれるわけではありません。

しかし結構な割合で、会社が苦境に陥っても私生活を改善できない

社長さんがいらっしゃることは事実です。


真っ当に廃業できることは恵まれている、と少し前に書きました。

繰り返しになりますが、廃業一つとってもお金がかかります。

事前に余裕をもってお店をたたむことができる程度には

資金繰りの都合がついているのはとても素晴らしいことです。

ある意味、意図的に廃業を選択することはあらゆる事業活動において

もっとも理性的な判断を要求される行為と言えます。

また、止め時を判断する肌感覚のようなものも求められます。


倒産はそういう準備期間を経ることができないケースです。

ここで倒産に至るまでのスピードについて少し。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

資金繰り表作成のキホン 榎並 慶浩 - 税理士(2013/10/24 22:25)

車はね…色々と高いんですよ 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/18 01:00)

「資金繰り」の大切さを、改めて。 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/09/24 19:40)

早く手元にお金が欲しい 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/09 01:00)

過剰在庫は危機の元 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/03 01:00)