五感を通して家は心を育む/「日常」の大切さ 2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 
大阪府
建築家
06-6928-5001
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

五感を通して家は心を育む/「日常」の大切さ 2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計

その良し悪しに関わらず日々の生活環境が

多くの影響を子どもに与えることは理解していただけると思います。

では住環境を心を育む場として考えるとは

具体的にどういうことなのでしょうか。

それには先ず“日常”を考えることから始める必要があります。

日常の出来事とは普通の出来事ですが、

普通=無難・無害では決してありません。

 

普通の出来事が自分や子どもの心にとってプラスになっているのか、

あるいはマイナスになっているのか。

その差は、日々の生活の中ではほんの僅かなものであっても、

長い年月の中では大きなものとなり得ます。

日常における家庭内の生活環境を見直し必要があれば改善する・・・。

日常を考え大切にし始めれば、

おのずと住まいのことも考えるようになります。

 

このような流れで考えられた住まいは、

機能性といったモノだけではなく、

人を大切にした心を育む場としての役割を担うことができるようになります。

そして、そのような住まいでは、

子どもの、エネルギーに満ちた声が

たえず聞こえてくるはずです。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 

【賢い子どもが育つ家】

快適性や機能性を満足させるだけで「ご飯が美味しく食べられる」「安心してよく眠れる」生活が約束されるわけではありません。ご家族の皆さんにとっての本当の豊かさをこの家づくりから手に入れていただきたいと思います。

06-6928-5001
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

五感を通して家は心を育む/家を豊かに 4 東島 鋭 - 建築家(2011/04/11 00:00)

五感を通して家は心を育む/家が心に与える影響 3 東島 鋭 - 建築家(2011/04/05 00:00)

五感を通して家は心を育む/母乳である環境 1 東島 鋭 - 建築家(2011/03/26 12:00)

スティミュレーション/生のエネルギー 東島 鋭 - 建築家(2011/03/08 21:26)

引渡し後の1年点検で大事なコト 三竹 忍 - 建築家(2015/07/24 14:58)