五感を通して家は心を育む/家が心に与える影響 3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 
大阪府
建築家
06-6928-5001
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

五感を通して家は心を育む/家が心に与える影響 3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計

居場所によって気分が左右されるという経験は、

多かれ少なかれ誰もがもっていると思います。

その場の形や広さ、素材の持つ肌触り、色、音、匂い、明かり、視界の広さ・・・。

その空間が持つ特徴に人は絶えず影響を受けています。

 

縁側で安らぎを感じる人もいれば、

屋根裏部屋のような空間で落ち着きを感じる人もいます。

また、整頓された真っ白なきれいな部屋にいてもイライラを感じることもあるでしょう。

自覚しているか否かには関わらず、

視覚をはじめとする五感から得る情報により人は常に

精神状態を大きく左右されています。

住環境が、人の寿命に影響を及ぼすことや、

マウスの赤ちゃんの生存率を大きく左右するという研究結果も報告されています。

 

子どもは日々の生活を糧に身体も心も成長しています。

私たち親が疲れているその間も

子どもたちはその時々を体に吸収し心に刻んでいます。

子どもが子どもでいれる時間には限りがあります。

決して長くはないその時間が、人としての成長に大きく関わることになります。

週末に公園で遊んだり遠出をして自然に触れたりすることはとても大切です。

ただ、家での過ごし方など日々の生活の中での1つ1つの体験を大切にしてこそ、

それらの経験が活かされるのだと思います。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 

【賢い子どもが育つ家】

快適性や機能性を満足させるだけで「ご飯が美味しく食べられる」「安心してよく眠れる」生活が約束されるわけではありません。ご家族の皆さんにとっての本当の豊かさをこの家づくりから手に入れていただきたいと思います。

06-6928-5001
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

被災地のガレキの山に思うこと 遠野 未来 - 建築家(2012/01/07 05:13)

五感を通して家は心を育む/子どもの目線 8 東島 鋭 - 建築家(2011/05/04 00:00)

五感を通して家は心を育む/「日常」の大切さ 2 東島 鋭 - 建築家(2011/04/01 00:00)

五感を通して家は心を育む/母乳である環境 1 東島 鋭 - 建築家(2011/03/26 12:00)