株価上昇で長期金利上昇は必至 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

株価上昇で長期金利上昇は必至

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

世界的に株価上昇局面に入っています。
アメリカ経済の回復基調が鮮明になったことで、これまで
安全資産である債券投資を積極的に行なってきた投資家が、
投資先を株式に移行してきているのが主な原因です。

投資の世界では、
国債などの債券 ⇒ 安全資産
株式 ⇒ リスク資産

このように分類されます。

不景気などが続く局面では、企業の収益が低迷するため
株式市場の活性化は見込めません。よってこのような局面では
投資家は安全資産である債権への投資に資金をまわします。

しかし、経済指標などの見通しが明るくなってきたり、実際に企業収益が
回復している局面では、投資家は債券投資から株式投資へと
投資資金をシフトしていくのが通常の動きになります。
結果、債券市場では債券価格の下落が進み、金利は上昇していきます。

株価上昇=金利上昇
これが投資の世界のセオリーです。

つまりこの結果
住宅ローン長期固定金利が上昇することになります。

2月の長期金利は、前月比で約0.1%ほど上昇しています。
このまま上昇し続けるかは、もう少し市場を観測する必要がありますが、
この影響によって、来月の住宅ローン長期固定金利の上昇は確実です。

つい半年前には、長期金利の歴史的な金利下落によって、
フラット35などの長期固定住宅ローンが驚くほどの低金利となりましたが、
しかしこれも、今となっては過去の話。
本当にチャンスな時というのは、過ぎてみないとわからないものですね。

金利の動きは安易に予想はできません。
予想ほど、振り返ると”当てにならない”ものはありませね。

予想→平仮名で書くと”よそう”
反対から読むと→”ウソよですからね~~
冗談さておき、住宅ローン金利動向にはしばらく目が離せませんね。

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

政府の改革が遅れると住宅ローン金利が上がる? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/09 16:00)

10月の住宅ローン金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/03 12:00)

住宅ローン金利は7ヶ月ぶりの低水準 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/06/03 11:40)

4月の住宅ローン金利と今後の動向 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/04/05 16:40)

2月の住宅ローン長期固定金利は上昇 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/02/04 09:00)