住宅ローンとの付き合い方 - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

堀口 雅子
ベターライフスクエア ベターライフ・ナビゲーター
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンとの付き合い方

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済
家計全般

今年は以下のような方がよくお見えになりました。

相談内容は別なのですが、

住宅ローンの話のほうが私にとっては気になることがあったような気がします。

 

それは固定金利選択型でローンを組まれている方。

 

気付けば期間が満了し、選択する意思を持たないと自動的に変動金利になってしまうということ。

 

住宅ローンを組まれるときには必死に考えたかもしれません。

 

でも月日が経ち、数年経過するとほかの事に目がいってしまい

満了時点に考えることを忘れてしまったまま

住宅ローンは変動金利になってしまった

 

こういう場合にはどういう風に思われるでしょうか?

 

変動金利=金利が低い

 

そんなイメージだけではちょっと怖いのです。

 

固定金利が終了してしまうとき

変動金利になってしまっている状況のとき

 

どれだけの利息がつくのか

金利が上昇したらどれだけ返済する余裕ができているのか

 

そういうことを考えながらシミュレーションしてみることは

生活の中でお金をためることを考えるうえでも

大切なことだと思います。

 

今では金融機関によっては金利が変わったときに

いくら返済することになるのか?

そのうち利息はいくらになるのか?

総返済額はいくらになるのか?

そんなことをイメージできるシミュレーションができるように工夫されています。

 

これを利用しない手はありません。

 

ぜひご自分の住宅ローンを扱っている金融機関をチェックしてみてくださいね。

 

 

 

このコラムに類似したコラム

住宅ローン年間返済率25%ならOKの都市伝説 田端 政弘 - ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー(2013/07/08 16:19)

住宅ローン借換えのご相談事例 中村 諭 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/27 10:39)

知ってましたか?住宅ローンの金利が決まる時期 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/22 09:29)

変動金利のリスクをご存じですか? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/18 14:01)

4月以降のフラット35の改正と新商品について 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/20 23:08)