安心住まいのキーポイント(その壱) - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

安心住まいのキーポイント(その壱)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
今回は高齢者の住宅事故で最も多い、1.転倒による骨折 を防ぐポイントをお送りいたします。

皆さんの住宅をイメージしながらご覧ください。

・コンセントを多めに設置して配線によるつまずきを防ぐ

・階段、掃き出し窓、玄関上がり框など段差のある端部に滑り止めを設置する

・フローリング上に敷くカーペット、玄関マットは滑る原因になるので固定する

・床のワックスは滑りにくいタイプを使用する

・段差にすりつけ板などを使用する

・手すりの設置 (https://profile.ne.jp/member/modules/weblog/weblog-tb.php/953)

・よくつまずく部分に分かりやすい色をつける

・すべりやすいスリッパではなく、足袋を使用する

・コルク床を採用し衝撃を和らげる

他にもまだまだ工夫できることがありますが、ご本人やご家族の意見を大切にして、安心できる住環境を目指しましょう(^^)

次回は3/15に浴槽内の事故防止・身体麻痺の方の住環境ポイントをお送りします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)