高齢者意識調査 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高齢者意識調査

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住宅医シリーズ
オールアバウトを視聴される方の平均年齢は私と同じ30代が多いそうです。
皆さんは、ご両親がお年を召され介護が必要になったらどうされますか?

現在、老人ホームなどの施設はあちこち建設されてますが、需要が多すぎて供給が間に合わない予測がたてられています。まして入居費用の安い特別養護老人ホームに入居できるのはごくわずかです・・

内閣府が発表している興味深いデータがあります。
(高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査)

・現在の住宅にそのまま住み続けたい
・現在の住宅を改造して住みやすくする

上記2項目が半数以上を占め、ケアつき住宅・介護専門施設に入居したいという意見が実は少ないことがよくわかります。

お年寄りご自身に介護が必要となり、子供世代が受け入れ困難で施設にお願いするケースを除き、今住んでいる住居で一生をすごしたいという気持ちがよく現れているデータだと思います。

介護が必要になるまえから、終の棲家になるよう住宅改修を始めてみてはいかがでしょうか?

ご心配されていることやご不明なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

なお3/8から安心住まいのキーポイントをお送りいたします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅医シリーズ」のコラム

やさしい暖房(2008/01/05 09:01)

個々に応じたバリアフリー(2007/07/05 16:07)

トイレの定義(2007/06/02 00:06)