ご自宅を売却をせず住宅ローンの返済を緩やかにする方法 - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

畑中 学
武蔵野不動産相談室 株式会社 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ご自宅を売却をせず住宅ローンの返済を緩やかにする方法

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済

住宅ローンの返済が厳しい場合に、

ご自宅を売却しましょう!

金融機関に相談しましょう!

というワードがよく目に付きます。

また、借り換えを事前に検討された方も

多くいらっしゃると思います。

 

ただ、融資期間を伸ばす借り換えまで

ご検討された方はあまり多くいらっしゃられない

のではないでしょうか?

 

前提としては、借り換えと同じく住宅ローンの

債務者の方の返済状況(個人信用情報)に

大きく左右されてしまいますが、

・金利1.5% 融資期間20年 月々14万5千円弱

が、10年ほど伸ばすだけで

・金利1.5% 融資期間30年 月々10万3千円強

と、4万円ほど下げることができます。

 

融資期間を伸ばすと総支払い額が増えてしまうのが

難点ではありますが、優先順位の問題で、

月々の支払い額を少なくする方には、

この方法が最良であるケースがよく見受けられます。

   

民間の金融機関では融資期間を伸ばす借り換えに

対応していないところが大半ですが、公的融資

(フラット35)や一部民間金融機関では対応して

おります。

 

お困りの方は是非一度、弊社までご相談ください。

 

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの借り換え 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/08/31 13:00)

「金利が上昇したら繰り上げ返済できる」と考える人は4割超 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/13 23:00)

住宅ローン減税 ~ 借り換えの場合 ~ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/03/13 20:06)

借地権と銀行の融資スタンス 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/18 12:00)

適用金利の最近の傾向 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/10 11:10)