「金利が上昇したら繰り上げ返済できる」と考える人は4割超 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「金利が上昇したら繰り上げ返済できる」と考える人は4割超

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
はじめてのマイホーム(知らないと困る基礎の基礎)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

住宅金融支援機構では、年に3回、民間の住宅ローン利用者にアンケート調査を行い結果を発表しています。

こちら⇒http://www.jhf.go.jp/about/research/loan_user.html

これによると、将来金利上昇により返済額が増加する場合の対応として、固定金利選択型を利用している人の41.3%、変動金利を利用している人の42.6%が、「返済額を圧縮あるいは一部繰り上げ返済をする」と回答しています。

 

また変動金利を利用している人の14.2%が「借換えをする」と答えています。

 

「見当がつかない、わからない」と答えた人も13.6%います。

 

資金に本当に余裕があり、変動金利を利用している人はどのくらいいるのでしょう。

 

予定通りお金が貯まって繰り上げ返済資金が準備できている人は、むしろ少数派です。

 

また、金利が上昇しはじめたことにすぐに気がつき、思い切って固定金利に借り換えできる人はどのくらいいるでしょうか。気づいたときには、既に固定金利は高水準で借り換えができないリスクに気がついているでしょうか。

 

資金計画は、くれぐれも慎重に余裕を持ってたてましょう。

 

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

住宅ローン減税 ~ 借り換えの場合 ~ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/03/13 20:06)

固定金利と変動金利 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/08 13:00)

住宅ローンの選び方 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/12 10:00)

適用金利の最近の傾向 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/10 11:10)

住宅ローン借換えの前に 中村 諭 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/21 10:41)