一方的に有利な商品はない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一方的に有利な商品はない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
元旦の満月。

おはようございます、思わず見とれてしまい一枚。


昨日からの続き、収入を得られる運用について。
ただ、このコラムで株だ債券だといったお話は
しないでおきます。

これを始めてしまうととても大変ですし、それこそ
金融商品の専門化の意見を聞いた方が良いかと。
調べれば自分の希望に合った金融商品は必ず
見つかりますので、少し努力をしてみて下さい。


ただし、このコラムでは一点だけ注意を。

・一方的に有利な金融商品は存在しない


少し考えれば当たり前のことです。
最近の例として多いのは、一定の仕組みを利用した
定期預金などです。

金利が通常の商品より大分高めに設定されている。
その代わり満期がいつになるのかは自分で決められず、
金融機関側が設定をしてくる。

他にもこんな感じの仕組みが使われている預金商品が
大分増えてきたようです。


表面的な金利につられてしまいそうですが、
運用期間を自由に選択出来ないという要因は非常に
大きいということを是非理解して頂きたいと思います。


目に見えやすい利回りや利率を大きくすることで、
実は相手側に有利な商品が次々に開発されています。
少し気をつけて頂きたいところです。



明日、最後にお話をまとめてみたいと思います。

この項、明日まで続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)