借金 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
贅沢な晩餐。

おはようございます、旨い酒とほんの少しのツマミ、これで十分。


昨日からの続き、現預金は相対的に強いという事実。
しかし、これは裏側の事実も存在します。


・借金の存在が相対的に重くなる


これまで収入100で30の借り入れを負担していたのが
80の収入で30の借り入れを負担する必要が生じたような
方が決して少なくありません。


特に過去数年で自宅を購入したような方は要注意です。
デフレ進行下にあっては、ともかく借入金の負担が非常に
重くのしかかってくることになります。


私が収入を増やすことを考えるべきだと言うのは、
税制改正の問題もありますが借入金の件もあるからです。

増税があって、おまけに借入金が相対的に重くなる。
この状況にあって支出を絞る方向だけで考えるのには
無理があるのですね。


というわけで、運用面においてもただ単に現預金で
預けるのではなく、少しでも収入が獲得出来るような
商品を選んで頂く方がよろしいのではないかと思います。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)