キャッチコピーの作り方 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャッチコピーの作り方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ
広告制作の現場にて、苦労をするのが、ビジュアル素材(写真や動画)とこのキャッチコピーの制作です。

キャッチコピーを作る上で、表面的な商品のスペックや訴求ポイント・売りだけの情報だけでは決して良い「キャッチコピー」は上がってきません。



想定される顧客が使った瞬間にどのような感覚を覚えるのか、


どう感じるのか
何を感じるのか
その時に浮かぶ言葉とは
使用した結果のイメージ

商品やサービスが顧客と重なった瞬間にどような化学変化が起きるのか。

この瞬間を「キャッチコピー」に落とし込む。




想定される顧客の年齢・性別に合わせて、
「実際に使用したらどうなるのか」という問いを繰り返していきましょう。

その先には、必ず「結果に繋がるキャッチコピー」が潜んでいます。

メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

デザイナーのエゴ(2010/02/19 11:02)

店頭商品ほど感覚的に(2009/09/30 11:09)