後を絶たない食品偽装 メニュー偽装 景品表示法の観点より検証 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

後を絶たない食品偽装 メニュー偽装 景品表示法の観点より検証

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現

後を絶たない食品偽装 メニュー偽装
    景品表示法の観点より検証

メニュー虚偽表示問題。
立て続けに、虚偽のニュースが取り上げられています。


食品偽装が明らかになった場合
「半年間で約60%が倒産に至る」とも言われていますが

東京商工リサーチの調査では・・・
『偽装発覚から倒産までの平均月数は、
2004年発覚企業が平均23.5カ月、2005年は25.1カ月、
2006年は14.1カ月と、2006年以前は偽装発覚から1年以上を持ちこたえていた。

しかし、消費者の目が厳しくなった2007年に入ると
急速に短縮化し、2007年は3.6カ月、 2008年が最短で3.5カ月、
2009年も5.8カ月と、平均すると発覚から半年以内に倒産する企業が続出している。
いかなる「食品偽装」でも、コンプライアンス違反という消費者を欺く
行為を行うと、即倒産につながる現実が浮き彫りになった。』
(東京商工リサーチより引用)

メニュー虚偽表示は、景品表示法に関する
【優良誤認】にあたる可能性があります。

優良誤認として消費者庁より、措置命令を下された場合。
報道資料として、各メディアに取り上げれます。

結果、メディアからの反響から
あらゆる社会的制裁が待っており、
結果、倒産、会社を存続させることのできない状況に陥いるケースもございます。


・景品表示法のリスクヘッジのポイント
・具体的に社会的制裁とは
・措置命令を受けた場合の結末とは


実際に措置命令を下された企業へ、
消費者庁への取材を通して、
具体的な内容を最新セミナーで解説致します。

 

広告の作り方メールマガジン メールマガジン登録

http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社

http://aksk-marketing.jp

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

このコラムに類似したコラム

繰り返される食品偽装表示~景品表示法の正しい理解がリスクを減らす~ 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2013/11/29 13:11)

来年度導入の機能性食品 商品企画・開発の選択肢 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/08/02 14:48)

薬事法・景品表示法・健康増進法・機能性食品セミナー2014年9月4日(木)お申込受付中 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/07/08 14:20)

薬事法・景品表示法・健康増進法・機能性食品セミナー2014年9月4日(木)開催 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/06/17 14:40)

景品表示法 合理的根拠資料の作り方 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/05/31 15:16)