ペルソナをして訴求表現を構築する - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2017年03月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ペルソナをして訴求表現を構築する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ
当たり前のことですが、「顧客想定」をして訴求表現を構築するのは周知のことです。しかし、その当たり前ができていない表現が多数あるのも事実です。


では、どのようなポイントにて「顧客想定」をすればよいのか。


●顧客の行動想定をする
●行動ごとの感情部分にフォーカスを当てる
⇒その中で、「不便・不利益・不愉快」等の感覚を解消できるワードはないか
⇒欲求部分の感情に刺さるワード(言葉)がないか検討する

顧客がその言葉を聞いて、観て、認知して・・・

「そうそう」、又は無意識に認知していることが大切です。




このポイントさえ外さなければ、大抵、顧客に刺さる言葉の候補は出てくる筈です。


広告の作り方メールマガジン
メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

デザイナーのエゴ(2010/02/19 11:02)

店頭商品ほど感覚的に(2009/09/30 11:09)