アメリカ住宅販売、今だ底見えず! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカ住宅販売、今だ底見えず!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

さて、26日のアメリカ商務省の発表によると、1月の新築戸建て住宅の販売は30万9千戸で、前月比ー10.3%と、これで6カ月連続の減少となっています。
そして、前年同月比でみると、何と48.2%の大幅な落ち込みとなりました。

また中古住宅の販売件数も、1月は449万戸と前月比5.2%の減少、前年同月比は8.6%の減少と、こちらも11年ぶりの低水準となっています。

これだけ、住宅価格が下落し、“割安感”が出てきているにもかかわらず、新築・中古ともに販売件数が減少している状況をみると、アメリカの景気が急速に落ち込んでいることがわかります。


そして、怖いのは、「住宅販売の減少→更なる住宅価格の下落」といった“負のスパイラル”が続くことです。


私が、“ターニングポイント”として挙げている「住宅価格の下げ止まり」が見えないと、金融機関の抱える不良債権の目途も立たないからです。


しかしながら、こんな中にあって、ひとつの動きがあります。


中国においては、割安になったアメリカの住宅購入のツアーがあるのだとか。。

いまだ潤沢な資金を持つ中国の富裕層が、ロスやニューヨークなどの物件を買いに行くツアーのようです。

まぁ、これだけでアメリカの住宅価格が下げ止まるとは到底思えませんが、「割安」なものには、資金力のあるところから「買い」が入るということなのでしょう。


それにしても、日本の絶頂期に、アメリカの様々な物件を買いあさった「ジャパンマネー」を思い出すのは、私だけでしょうか。


「金は天下の回りもの」ですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム