「低格付け債の発行減少!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「低格付け債の発行減少!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、世界的に低格付け債券の発行が減少傾向にあります。

いわゆる「ハイイールド債」と言われるものです。

 

2016年の1-6月の半年間で、

1723億ドル(約18兆円)と前年同期比35%も減少しました。

要因としては、世界景気の不透明感が高まると共に、

債務不履行(デフォルト)の増加が影響しています。

 

格付け会社の調査によれば、資源関連企業のデフォルトが増加し、

世界のデフォルト件数は、

2009年以来の高水準になっているとのこと。

 

本来であれば、世界的に低金利が続く中、

利回りを求める投機マネーが増加してもおかしくはないのですが、

英国のEU離脱、中国の景気減速、米国の大統領選など、

予断を許さない世界情勢が続く中、

「リスク性商品」は、敬遠されているようです。

 

事実、安全性の高い投資適格債は、

同期間で1兆7657億ドル(約185兆円)と、

低格付け債の10倍以上の発行がされており、

同期間としては過去最高を更新しました。

 

いまは、「金利(利回り)」より、

「安全性」を重視する投資家が大半ということなのでしょう。

 

とはいえ、日本の円建てでは、国債が“マイナス金利”で、

それすらかなわない状況です。

 

しばらくは、米国の投資適格債に、

資金が集まることとなるでしょう。

 

それでは、今週も、世界が平和で穏やかな日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

ドルは何処まで上昇するか?125円通過説 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/21 12:51)

「世界の社債発行額、過去最高に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/11 11:44)

30代、老後資金準備とインフレリスク 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/28 13:00)

リスクオフ局面で、円が買われる理由 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/15 18:58)

「外国人の日本国債買いが進む!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/05/28 17:29)