レントゲンやCT、MRIでは、腰痛の原因が正しく写らない!? - 神経痛・腰痛・ヘルニア - 専門家プロファイル

川井筋系帯療法治療センター 院長
東京都
整体師/あん摩マッサージ指圧師
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

レントゲンやCT、MRIでは、腰痛の原因が正しく写らない!?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 神経痛・腰痛・ヘルニア
プロが教える腰痛改善法

みなさん、実は

レントゲンやCT、MRIでは、

腰痛の原因が正しく写らない!って

知ってました? 

 

腰痛になって整形外科に行くと、

レントゲンやCT、MRIなどの画像検査をすることがよくあります。

 

レントゲンやCT検査は、放射線(X線)を使って、体の中の骨を写し出すことができます。

骨にある異変や周辺の変化を画像として見ることができるのです。

たとえば、脊椎(背骨)は、首の部分の頸椎からお尻の突端の仙骨・尾骨まで、

26個の骨が連なっています。

その「骨と骨の間が狭くなっている」「骨の位置がズレている」といった異変は、

画像に映し出すことができます。

 

また、MRI検査は、強力な電磁波を使って、内臓や神経管、血管を映し出すことができるので、

感染症や腫瘍の有無、神経や血管、軟骨などの異常を発見することができます。

 

レントゲンやCT、MRIの画像を見れば、

「背骨が変形している」 「ズレがある」 「軟骨がつぶれている」

「ヘルニアがある」 「脊柱管(神経管)が狭くなっている」

などということはすぐにわかります。

そして、あなたも医師にそう言われたら、

「それが私の腰痛の原因なのね!?」と思ってしまうでしょう。

 

しかし、これらの構造上の異常所見は、腰痛症状の有無にかかわらず、

意外にもよく見られるものです

長年、人間をやっていれば、背骨がズレたり、軟骨がつぶれたりするのはある意味、当然のこと。

これらの所見があったからといって、直ちに腰痛が発症するとは限りません。

 

そもそも腰痛という症状は、圧迫骨折、感染症、ガン、内蔵疾患などが原因の場合を除き、

常時痛みが続いているわけではないことが多いのです。

長く立っているとき、長く歩くとき、長く座っているとき、立ち上がるとき、

前かがみになるとき、寝返りを打つときなど、

腰や足に負担のかかる特定の動作をしたときに痛みやしびれが出てくるもので、

その動作をしない限り、痛みやしびれは出ないもの。

とりわけ、体を横にして寝ている状態で痛みが出ることはあまりありません。

一般的に一番楽な状態でしょう。

 

ところが、レントゲンやCT、MRI検査は、基本的に体を横にして寝た状態で撮影します。

また、立ってレントゲンを撮影するときも、機械につかまって姿勢を補正されます。

 

それらは、腰や足に負担がかかりにくい状態

すなわち、「痛みがあまり出ない状態」を撮影したもの

今の痛みの原因になっているのかどうかとは別問題

なのです!

 

 

「なんで、そんな単純なことが見落とされているのか!?」と、怒りすら覚えるかもしれませんが、

これが腰痛治療の現実なんですね。。。。

 

また、腰以外の場所に原因があり、それが腰痛につながるケースもあります。

たとえば、股関節やひざ、足首などが悪く、そこへの負担をかけないようかばって過ごしているうち、

腰痛が出てきたというような場合。

この場合、根本原因は、股関節やひざ、足首などにあるのですから、

腰の画像をもとにいくら治療したところで、腰痛は一向によくならないということになるわけです。

参考コラム:病院で原因がわかる腰痛、わからない腰痛、多いのはどっち?

 

レントゲンやCT、MRIなどの画像検査はとても素晴らしい機器であり、

内臓や脳、骨の状態を診るにはとても頼りになります。

しかし、特定の動作によって生じる腰痛などの症状については、

その痛みの原因を特定するにはあまり向いていないというべきでしょう。

 

「科学的な検査や証拠に基づく医療」という言葉を過度に偏重するあまり、

実際には関連性の低い検査機器の結果に頼っても、「科学的」とは言えないですよね。。。。

 

ぎっくり腰をはじめ、慢性腰痛に悩む方から、

病院で診断を受けた方、手術をしたのに痛みがなくならないという方まで、

腰痛に悩むあらゆる方に知っていただきたい、

腰痛改善の“真”常識をお教えします!

新刊JP「腰痛が治るのはどっち?」

 

腰痛患者延べ5万人を救ったカリスマが教える

正しい腰痛の治し方

全国有名書店で大好評発売中!

「腰痛が治るのはどっち?」 (学研パブリッシング)

~読むだけで、つらい腰痛が改善~

Amazon「腰痛が治るのはどっち?」


  

「骨盤ゆらゆら体操®」や川井筋系治療法について

詳しく知りたい方は、こちらをお読みくださいね!

  

「骨盤ゆらゆら体操®」のオリジナル図解掲載!

自宅で超簡単!寝ころがって寝起きや寝る前にやるだけで、

腰痛や股関節痛、足のしびれが消えていく!

 

腰痛体操ならまずはこれ!「骨盤ゆらゆら体操®」

Amazon 腰痛・股関節痛・足のしびれが消える「骨盤ゆらし」

  

  

寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」DVD 

  

脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア・仙腸関節痛・坐骨神経痛・ぎっくり腰 に効果あり!

  

 

身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労など専門
体にやさしい骨盤ゆらゆら整体! 川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/pain/

東京渋谷の整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜の整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋の整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

大宮の整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋の整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

札幌の整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井筋系帯療法治療センター 院長

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに5万人以上の施術実績があります。

03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「プロが教える腰痛改善法」のコラム

このコラムに類似したコラム

腰痛になる原因&ならない対策(ポッドキャスト) 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2017/03/10 12:08)

女性の方が、腰痛になりやすい!? 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2016/12/14 21:48)

病院で原因がわかる腰痛、わからない腰痛、多いのはどっち? 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2016/02/24 16:35)

あなたの腰痛はどのタイプ? 川井式腰痛簡易判別表 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2016/02/12 13:45)

腰痛 なんと2800万人!もとめられる国際基準のカイロプラクティック 井元 雄一 - カイロプラクター 博士(健康科学)(2013/10/05 12:00)