身体を温めることとダイエット効果 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身体を温めることとダイエット効果

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

一年中身体が冷える。

という女性に多い対処方法は
身体を温める。
IMG_6048[1]
もちろん、温めよることは
免疫力や代謝機能に良いことです。

しかし、ダイエットにはほぼ
意味がありません。

体温が高いと
○基礎代謝が上がる
○カロリー消費が増える
○免疫力が上がる

これだけを見ると
身体を温めよう!

となります。

しかし、外部からの温度で温めても
実際に代謝が上がるのはほんの数分。

ダイエットのためのカロリー消費には
ほぼ繋がりません。

また、運動による温め効果も
有酸素運動の場合は
運動時は暑くなる。

しかし、何もしていない時の体温は下がります。

これは遅筋という
持久力に優れた筋肉の性質です。
IMG_5896[1]
例えば、
マラソン等の長距離走で使われる遅筋は、
なるべく長い距離を走れるように
エネルギーの消費を少なくしよう!
とします。

有酸素運動を多く行うと、
安静時にも遅筋がメインで使われます。

つまり、日常から
なるべく消費をカロリーを節約しよう!
という体質になるということです。

マラソンランナーも
オフの走らない期間は10キロ以上太ることは
珍しくありません。

では、最も効果的に
体温を上げる方法は?

筋トレです。

筋トレは速筋という性質の筋肉を
メインに使います。

この速筋は
○筋トレにより増える
○カロリーを無駄遣いする
○体温の60%を担う
性質があります。

つまり、
体温を増やし、寝ていても
脂肪の減る体質にするには
筋トレによる運動以外は
あり得ないのです。

毎日身体を温め続けるか
常に高い体温を保つか

代謝、免疫力、ダイエット。
全てにおいて筋トレは
女性のためとも言える運動ということです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

脂肪が最も使われるのは「寝てるとき」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/19 19:00)

新鮮さ 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/11 19:00)

食べて痩せる!の基礎知識 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/28 11:00)

走るペースと脂肪の関係 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/25 11:00)

走るペースと脂肪の関係 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/09/12 18:00)