アメリカビジネスと コミュニケーションスキル - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士
ワシントン州公認会計士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカビジネスと コミュニケーションスキル

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

アメリカビジネスと コミュニケーションスキル

コミュニケーションはすべての基本ですね。職場の人間関係、家族関係、夫婦関係、友達関係、学校関係。コミュニケーションとは ただ単に情報を相手に伝えるということなんですが、伝えないでおくと 自分の中に累積されて将来爆発するときがあります。ぎすぎすしたり、怒ったり。少しずつ 相手に伝えるのが大事です。

(1)毎日自分の考えに注目しましょう。自分がどう感じるか、自分がどのような意見を持っているか。相手にとって重要ではないと決めつけず、相手に伝えることが大事です。相手はあなたが思っているようには 思っていません。

(2)練習する。コミュニケーションは 練習が必要です。簡単なことから毎日始めましょう。毎日の友達同士から、職場の人間関係まで。新しいスキル習得には時間がかかります。でも毎日少しずつ、自分のコミュニケーションに意識を集中して、その上達ぶりを確かめましょう。将来必ず役立ちます。

(3)相手の目を見て話しましょう。相手の話を聞く時も、相手に自分が話す時も、相手の目を見ましょう。いい方法は、相手の目を見る時、まずは片方の目を見ます。そして、次に もう一つの目を見ます。これを交互に繰り返します。そして、相手の顔に 英語の T の字を 思い浮かべます。この T を 右から左、鼻に沿って 見ていきます。

(4)身振りを入れながら話しましょう。そして、自分の身振りに意識を集中させましょう。難しい会話を和らげたりします。

(5)怒ってるときは 怒った顔。楽しい時は笑いながら。顔と話の内容と、身振りとが一致するようにしましょう。楽しい話をしているのに 怒った顔だと あいては とまどいます。

(6)態度は大事です。正直に、楽観的に、我慢強く、思いやりを持って、相手を尊重して、相手を承認しましょう。相手の能力を認め、相手の感情に注目しましょう。

(7)相手の話を聞きましょう。このとき、相手を批判したり 上から抑えるように意見をしたりしてはいけません。

(8)相手に自分の意見を言うときは はっきりと 正確に言いましょう。ここに感情を入れる必要はありません。入れる場合は 相手を尊重したうえで 感情を入れることです。早口ではなく相手が聞き取れるようにはなします。自信を持って、聞き取れる調子で話します。

(9)言いたいことをはっきりと、いっていいんです。怒る必要はありません。自分の要求を たとえ相手が 目上であっても 言う必要があります。少しずつそのたびに いうことで、 自分の内面に 感情を累積しないようにしましょう。 たまったものは あとで必ず 爆発します。

(10)    あなたの夢の実現を目指しましょう。  http://www.usa-consultants.com/




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ワシントン州公認会計士)
TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメリカビザの確定申告をしています。

このコラムに類似したコラム

アメリカ会社設立 -リーダーシップ 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/05/25 05:37)

アメリカ会社設立―ビジネスについて、信じること 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/05/18 12:27)

アメリカ会社設立 -ビジネスの基本 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/05/16 14:27)

マインドセット① 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2016/05/30 05:20)

アメリカ確定申告 http://toddaccounting.com/ 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2016/02/29 07:46)