「国の予算 96兆3420億円」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「国の予算 96兆3420億円」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
お金の基本

こんにちは!

さて、政府は、2015年度の予算案を、一般会計で総額96兆3420億円とする方針を決めました。

2014年度に比べ、約4600億円増加し、過去最大の予算編成となりました。

ただ、税収は54兆円以上を見込んでいることから、新規国債の発行額は、6年ぶりに40兆円を下回り、36兆円台となっています。

 

その他、2015年の予算案の概要は、以下のようになっています。

 

<歳入(お金の調達先)>

税収       54兆5250億円

税外収入     4兆9540億円

新規国債発行 36兆8630億円

 

<歳出(お金の使い道)>

政策経費   72兆8912億円

(社会保障費 31兆5297億円)

(地方交付税 15兆5357億円)

(公共事業費  5兆9711億円)

国債費     23兆4507億円

 

上記のポイントとして、「お金の調達先」については、やはり税収が本当にここまで増加するのかどうかです。

そのためにも、“アベノミクス”の経済成長は、必須といえます。

「お金」が足りなければ、赤字国債を増発するしかありません。

 

一方、「お金の使い道」の中で、特に目を引くのが、社会保障費の“31兆円”です。

政策経費の約43%、国の歳出全体の約3分の1以上を占めています。

社会保障費の中には、私たちの年金、医療、介護・福祉などの経費が含まれており、今年度より1兆円の増加となりました。

国と地方の借金残高が、15年度末には1035兆円に膨らむ中、その大きな要因には、

少子高齢社会の日本における社会保障費の増大があります。

経済成長によって、税収を引き上げることが最も望ましいことではありますが、企業経営と同じく、利益(税収)はふたを開けてみなければわからない“水もの”です。

従って、コスト(経費)の削減も併せて行っていかなければなりません。

その意味においても、個人としては、国に頼らないで済むような「ライフプラン(生活設計)」に取り組まなければならないと言えるのだと思います。

 

それでは、今週も、世界が平和で穏やかな日となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

住宅ローン金利はいつ上昇するのか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/10 15:16)

結婚20年を迎えて ~夫と妻とは別人格~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/30 12:38)

安心なサービスの選び方 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/26 16:48)

雇用保険の介護休業制度、より国民目線へ 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/16 19:24)

高知放送「こうちeye」で伝えきれなかったことを、今、お伝えします! 石川 智 - ファイナンシャル・プランナー(2016/07/24 18:16)